メニュー

院長ブログ 18

              R e habilitation 考

院長 ブログ 26(2022.05.09更新)

  浮腫、むくみ、有痛、熱を篭った腫れ の治療法

 上記の病態は、分かり易く、患者自身において、必ず痛みに行動失調を伴う炎症反応の可視化、可触化の一部分にあります、近代医学は、常に醸成した理由をどう説明できるかに懸かります。あいて 懸るという文字を使うには、有熱有痛浮腫を代表する炎症期は 初発から時間経ってますが、今だに、まだ治らず、増悪進行中を意味しています。この辛い病態を懸命に抱えている患者の気持ちを込めて 代弁してます 。当たり前のように、安易な鎮痛剤を重ねた投与を受けるに警鐘 、

  病原を形成する経過:::  急性期、亜急性期、慢性期、慢性化期の急性増悪期。例外もありますが、大雑把に区分されています、更に バイ菌やウイルスによる感染症と非感染症と両者の混合症。治癒高率を左右する 年齢、体力、遺伝、日常生活環境、習慣条件、性格形成、鋭意努力。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME