メニュー

院長ブログ 18

              R e habilitation 考

院長ブログ 25(2022.05.05更新)

  肋間神経痛 幻の痛み  鑑別と治療法

  痛みの場所は 上半身片側の前胸、側胸、背腰上部・側部・💥下腹部の鼠径部迄💥、皮膚科、循環器、呼吸器、消化器内外科的深部の違和感や内臓痛ではなく、ほとんどの症状は 胸壁腹体表面の片側に限局した範囲内にあり、神経支配する領域の認識喚起が不可欠にあります。 はっきりした外傷の記憶においては、つまり新鮮相の赤い痛み帯び鬱血腫れ 、亜急性相の青い浮腫、吸収相の黄色い平坦斑板 ::: 生態表皮に点滅する警告信号stage有れば、診断もstageに応じて治療法も短期間で簡単です、 引っ越し、不慣れの場所で、受傷の角度や偶発した覚えのないぶつかり、軽微外傷後に チクチク、刺す様な痛みを愁訴、動作方向性に増悪、咳払い、寝返りに 鋭く痛み症状を呈す慢性相に移り、中に 痛覚範囲は側腹部ないし腹部に及んだ場合に、触診で深部痛を内臓疾患等鑑別確認否定にすれば、治療合わせて生活療養指導は難しくありません 。

   肋間神経痛は 帯状疱疹後神経痛と同じく、難治性になる理由は、鋭い痛みの範囲は、上半身に広く背部、胸部、上腰部、腹部大腿付け根区分までを網羅する。体表の痛みなのに、中には上下腹部の痛みで、受診する科目すら悩む、解剖学的構造で理解しづらいい、レントゲン写真映りづらい、更に受診時に、この病気を正しく知らないと、単なる幻の痛みとして、鎮痛剤に鎮痛剤を足して、経過を長引くになる。                            肋間神経は 脊髄から派生した左右それぞれ12本の肋骨で胸郭を成す、肋骨の下方に沿った細い同名の動脈静脈共に限局する肋間筋群、皮膚表面に運動と知覚を支配する。特徴的にあるこの神経は脊髄から出て、肋骨下縁の真ん中から2分枝し、脊髄方向へ遡行と肋骨先端へ左右に分けて分布する。普通の動脈静脈神経の走行は、骨に沿い関わる筋膜、筋肉層(群)に伴走する。     しかし、肋間神経に特異デリケートの走行遡行は、四六時中に呼吸活動に肋間筋群[生理的構造に第11番と12番遊離肋骨を含む]の過度膨張収縮と横隔膜弛緩収縮に激しい陰陽圧力の円滑順応調整で 進化と考がいられてます。また、肋骨下縁奥に位置することと吸気相時に肋間筋群と胸膜は体表に近いことで、鎮痛除痛神経ブロックには常に熟練度も慎重を要求します。        

❇️ 治療法の対象は 新旧帯状疱疹後神経痛、大小事故外傷のみならず、開胸・開腹の術後患部周囲痛、術創融合遅延を含む。

        院長ブログ  9 、22. に連動 。

 

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME