メニュー

当院の特徴 及び 治療得意分野 ・クリニック総合診療に普遍・特殊の病態の捉え方に クリニックならこそできる、一貫して幅の広い総合治療に尽す。( 大小手術を除き、予防接種 ・神経ブロック・寄り添いリハビリティシュンも 熟知経験医師が担当します。 )

  • 当院で行っている治療 ・   

 🩺     内科 小児  整形  耳鼻  皮膚 リハビリ  ペインクリニック  を中心に問診 望診 聞診 触診 徒手テスト 諸諸検査  内因か外因か 混合型か 長年手術室救急医療に携わってきた為に 何時も病いと対峙するに迅速な対応が要求されてます、早期に総合多様化治療が必要にあります:得意領域に 心臓血圧 胃腸消化  うつ失眠  高齢羸痩 体重肥満  女子婦人特化疾患  日常小児一般に諸分野の痛み 頭痛 腰痛 肩凝り 関節腫脹 関節痛 帯状疱疹 めまい眩暈 難治性耳鳴り 難治性難聴 咳喘息 気管支喘息 パニック障害  急性慢性化したさまざまなの痛み・痒み・悩み。本人も気付かない生活習慣誘発痛・自発痛・圧排痛  呼吸咳喘鳴困難  関節の正常可動域制限難儀抑制などなど、      忙しい大病院と違って 小回り行動のクリニックならこその総合診療・治療・鎮痛消痛寄添い回復リハビリテーションに目指してます  ( 大小手術 特殊検査 特殊治療法 放射線量子線等を除く)  

        当クリニックは診療スタフ・医療業務スタフ・看護スタフに恵まれて 来院時から早期治療開始にクリニックのできる少しでも症状緩和 良くなるに手術の遅延 回避、介護導入遅延 回避に、自分で移動・歩行、自分の意思で排尿排便清拭、本人の尊厳を第一義に護り、自己潜在治癒能力啓発・増進をお手伝いすることに努めてます。  地域密着に裾野広い病態治療に 病院で診療経過の術前術後においては  クリニックのできる範囲内に ご希望される方に 得意分野を含む 連携して継続支援させていただきます。

☘️     小児科関連  乳児健診 予防接種 赤ちゃんのゼロゼロ 喘鳴 発疹 鼻ずまり 鼻啜り 指啜り 口唇周囲炎発赤  目ヤニ 耳垢 外耳道掻痒症外耳道白癬症 心臓性 気管支ぜんそく 乾燥皮膚炎  化膿性湿疹  肛門股ビラン性赤疹  小児便秘 小児多動障害  夜尿  偏食 側湾症  夜泣き 朝に起きれない  成長期関節痛 、関節脱臼 肘内障  特化東洋医学臨床・乳幼児・小児マッサージ 。                               また 母側の授乳摂乳困窮、滯乳・乳房痛 、乳腺炎  授乳肩凝り頭痛・育児心身気分障害不安 続発性摂食便秘障害。 

 ☘️🔬 内科系に  気管支喘息 アレルギー誘発疾患 糖尿病 ホルモン異常症 口腔食道胃腸炎 難治性口内炎 神経性胃食道炎 逆流性胃食道炎   高血圧随伴症状、低血圧随伴症状( 起床困難・動揺浮遊感 )動悸、胸痛、嚥下障害、嗄声、虚血性心臓疾患   関節こわばり リウマチ関節炎    リウマチ類似疾患 

☘️     呼吸器関連      統合上下気道炎  かぜ症候群後喀痰困難症、気管支喘息、後鼻漏、咳喘息発作  口内炎、舌痛、口腔違和感, 嚥下困難症、誤飲性肺炎 、近年に多く遭遇する  心因性咳  咳を唯一の症状に 東洋医学では 気分障害 気持ちの発散不良としてとらえ咳喘息 、咽頭神経症、喉頭神経症、咳神経症等の病態で働き盛り方が良く見られる 鬱病気の前駆前座に現れ、古くから この辛い苦しい呼吸器科症状の治療は 実は神経精神領域にも関わり、 類似症状に 表現しずらく、言い切れないことで 本人は かなり苦しむ、初回診察時に、多系統の診療方法に聞き、問いかけ、全体的を観る、相槌に寄り添う、性急に結論をせずに、心が開いてくるに待つ。私の知る限りに 病態の理解と実践 関連漢方薬剤はかなり有効で 随伴症状も一緒に軽く消失になり、信頼関係を築き、有形無形の治療得意分野と思います。

☘️    消化器科関連   胃食道狭窄症・慢性化消化管胃腸障害、胸やけ、胃食道逆流症 、げっぷ 、口乾 、慢性口内舌炎  慢性腹痛 下痢便秘  痔核  脱肛  肛門周囲炎   痛風  高尿酸血症  肝臓機能障害 腎機能障害    保健・保険関連 肥満 痩せ  骨粗鬆症 。                         ☘️ 漢方薬剤が西洋薬品よりも優れていて、補完する作用で ・・・あまり知られていないですが       腫瘍の術前・術後に起こりうる副作用 (  放射線量子線照射療法経過者・抗がん剤点滴内服薬経過者を含む  )よる痛み 白血球貪食能低下 免疫不全  心身疲労 失眠 食思不振  貧食 下痢  嘔気嘔吐 口内炎 貧血 羸痩  浮腫  症候性静脈瘤 等などは 東洋医学漢方薬剤の緩和要項に多々適応にあります;闘病期長くなり免疫力低下により 随伴関連する循環器  呼吸器 耳鼻科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科の臨床病態波及症状がみられ、必要に応じて  しっかりとしたケアの対象になります。

    🌴   効果を発揮する漢方製剤は その歴史的経過から 今でも重宝される理由があります、古代は電気もなければ科学的分析装置もありません、殆ど人間と共存する自然にある草木花種鉱物、有害無害動植物を用いて、病気の治療に応用するこの学問は 既存の宇宙輪廻現象の :昼夜、四季、太陽・月、温暖寒冷、陰陽、表裏、など人類が営む普遍的日常と 対比的な自然現象に、正常と正反対の 非正常である病気の流れ;浮き沈み、軽症重症、に 投影して、外傷内患を記録整理と分類に、分かりやすく、そのまま 、泰然とした大自然営みに沿った多元理論で人体に当てはめ、長々と経験実践をヘリ、修正、添削加筆、察病治療発展した応用医学学問であります。   紀元前から、いわゆる 治療に漢方薬学が先に立て世に定着され、 診断学は 後若しくは 並行して進化発展しています。    一方、 ウイルヒョウ細胞病理学、理論に基づく治療は西洋医学であります。  東洋医学は実践治療に用いる漢方湯薬は 症状に照準した治療診断学であります、治療と診断包括的漢方(薬剤と生体反応)の記述文献学術書は 有史以来に脈々と進化し、重ねて洗練され、淘汰されずに、悠々と世紀にわたり伝われています。分かりにくいですが、東西文明にはっきりする気質と哲学思想 の相違から 歴史大局の流れで 俯瞰に なるほどに理解出来よう。人間に健康と幸福に貢献享受する学問に、医療は東も西もありません。🌴

🍀 この一年あまりに コロナ禍・後遺症( 嗅覚脱、味覚脱、健忘、全身局所倦怠感、虚脱感、体置き場所ない、多彩愁訴 )においては、解決に人体を包括的に捉え、変わりがわり病状の治療に 東洋医学は多々の得意分野にあり、これから、さらに注目されます。

☘️    神経精神関連症状  中途覚醒 不眠症 失眠症、慢性疲労症候群、胃・逆流性食道炎、嚥下困難、咽頭喉頭つかかり  頑固性便秘症   慢性化頭痛   うつ状態    認知障害  過換気症候群  

 ☘️   耳鼻科咽頭喉頭関連   通年性アレルギー性鼻炎、重症鼻閉   鼻出血  いびき鼾 歯性上顎洞炎 外耳道白癬症 難治性耳鳴り  耳閉塞感   難治性難聴  総合頭重・肩こり眩暈症候群   身体浮遊動揺感   めまい      

  ☘️   皮膚科関連  近年来 かなり増えるアレルギー性皮膚炎、乾燥性皮膚炎  乾癬  難治性帯状疱疹  有痛性帯状疱疹後神経痛( 頭 顔 瞼 頸 肩 胸 腹 背 腰 四肢 の安静痛及び活動痛 )  急性期 亜急性期  慢性期  陳旧性瘢痕期痛    熱傷  低温やけど 火傷 凍瘡  水いぼ  虫咬む 膿痂疹  突発性皮膚痺れ違和感  

☘️    外科系関連疾患    打撲 捻挫 外傷性頚部胸部腰部症候群  胸鎖関節痛 肋間神経痛  原因不明疼痛 ・・・受傷部位別 と発熱 内外出血 直接間接外傷 体表体内関節痛は 生体が警告を発する危険信号のお知らせに しっかりと目を向け  早期の治癒に繋げます。

☘️     整形外科関連疾患  リウマチ関節炎 骨粗粗鬆症  肩こり 腰痛症 頚部 胸部 腰部 膝関節痛  四肢上下手指 足趾の腫脹 関節嚢胞  浮腫  、移動機能不全 による痛み 。町によく見かける中年以降のご婦人方々が 激痛を堪え、揺れながら跛行、膝関節、足関節が熱をこもりパンパンに発赤腫れ上がり 、繰り返し穿刺排液に、関節崩壊に待ったなしに、なんとかしてあげたい、(  当クリニックは原則として、関節腔内関節液を 抜かない、関節腔内に  注射しない  )  これは 決して放置するではなく、むしろ抜かないをそれ以上に 丁寧に 取り込みます、  関節液貯留の理由は上下関節面に不全摩擦に繰り返し炎症反応の結晶で あります、身体が修復しょうとする関節腫脹、局所発熱、痛み、一連の生体反応であります。貯溜液の主たる成分は炎症産物で血液成分近いタンパクを保有することから  出来るだけ 、できれば 抜かないようにし、病気の本体を明確に 貯溜する理由を同定し局所発熱と浮腫を排除する、関節と関連する血管 神経筋肉腱組織を温存して 包容し、生体に負担をかけずに、優しく吸収されます。手術せず、関節再建に固定することに専念します。   膨大な辛い患者と家族方々に 感謝され、支持されてます。進化した速攻消痛ペイン・クリニック神経ブロックと除痛・減痛のリハビリ と共に 漢方製剤・抗炎症製剤を中心に対応し 局所の発赤 熱感 腫脹 自発痛や運動痛 と続発性機能障害の抗炎症抗浮腫で効果を上げ、細胞固有の働き促進、早期自律にめざしています。                そのために  当クリニック医院では 精通する 医師が 直接リハビリティション手技・理学療法・運動マッサージにも介入します。

 

         

  🌴日常普遍的にある 肩凝り肩こり・腰痛・膝関節痛に急性 慢性かにかわらず 鋭意に寄り添って治療・鎮痛 消痛リハビリします🌴             【BEAT  THAT PAIN】

☘️      フロンティア ・リハビリ関連   理論上理想的には すべては  元の通りに復元 、特に機能の復元は求められます  術前術後の外来通所リハビリテーション を中心に     緑クリニック医院は 常に細胞レベルからの視座で治癒機序を各々のケース分析して実践に・優しい 受け入れやすい・笑顔を共有の目標にしてます。  医療の原点は 傷んだ細胞 痛む細胞 瀕死細胞をどうすれば 助ける 救える 温存するに臨床内科・整形外科・鎮痛ペインクリニック・臨床心理学・東洋漢方医学の基軸から多々応用にしてます。常に細胞が真に悦ぶ気持ちを大しています。

 

     🔑🔑🔑      長年以来 「 得意分野」 難治性めまい、難治性難聴、難治性耳鳴、鼻づまり、片頭痛、難治性頭痛、急性・慢性肩こり、腰 臀 膝 手足 指 趾 関節関連  局所(遊走疼痛 微熱 浮腫 変形 )可動域制限ないし狭窄  激しい痛み 、跛行、 介護前哨状態 介護予備状態、介護導入遅延状態 、             内臓失調  中枢性・末梢性冷え症、循環障害、咳喘息、心臓性喘息、気管性喘息。

        🗝  非歯性神経痛   抜歯後神経痛  歯性上顎洞炎  口内違和感  後頭神経痛  眼性疲労  霧視  頑固肩凝り  続発性炎症性三角筋僧帽筋症候群

                    🗝  頑固便秘症 、腹部膨満感、IBD  慢性腸管疾患   交互性 慢性下痢便秘慢性  大腿根部陰部掻痒症・色素沈着、脱肛、痔核症。円形脱毛

   🗝     顔面痛・三叉神経痛、側頭後頭神経痛、帯状疱疹前後神経痛、リウマチ関節症関節痛・・・(関節・発熱・発赤・腫脹 ・浮腫   変形性膝関節症  跛行)、 顎関節症、嚥下嚙合障害、しびれ知覚・運動歩行障害、側彎症、難治性頸部・腰部脊柱管狭窄症、頸部・腰部脊柱管狭窄症腰痛等の疼痛疾患全般。化膿性皮膚炎痒み湿疹 色素沈着。⚗️体が震えて四肢揺れる 神経連合伝達疾患・

                       🗝    漢方診療 女性慢性特化疾患      過不足体重関連 痩せ太り 無為脱力無気力状態  生理関連痛 腰痛  膝関節炎浮腫  脚が攣る  足つり 慢性疼痛  混在する冷え性のぼせ症状 深部四肢末梢冷え 霜焼け便秘 びまん性乾燥湿疹痒疹 肌荒れ 角皮症 生理不順 不妊 乳頭乳房炎 授乳期膨張痛 授乳困難  乳がん術後胸郭上肢浮腫  腹部術後下肢浮腫 絞圧性四肢指趾浮腫痺れ 手根管症候群 五十肩肩凝り 側弯症連動痛   群発頭痛 片頭痛 調節性眼性頭痛 ホルモンバランス連動型頭痛 若年更年期早期鬱うつ状態 不眠失眠症 耳鳴り  感音性難聴   総診にペインクリニックと漢方診療連携して 治療多様化に 患者様に高評されてます。

【診療・治療】

   🗝    漢方診療 特化頭痛外来       片頭痛 筋膜緊張性頭痛 気象連動頭痛 群発頭痛 三叉神経痛 抜歯後神経痛 咬合不全 顎関節症 交通事故後神経痛 開頭術前後神経痛  開胸術前後神経痛【診療・治療】 

            🗝    漢方診療 小児虚弱 神経症 夜尿 多動   傾眠 朝起きれない 冷え 肥満 偏食 乾燥皮膚  虫刺され  化膿性痒疹  水いぼ 臀部陰部部ビラン  側弯症。【診療・治療】    

     🗝   先端漢方診療 アンチエイジング・加齢老化現象・新陳代謝・体質・皮膚皮下深層美容・衰弱・肥満・ 局所・全体的な過不足体重アセスメント実施。

              🗝     フレイル    (先天性虚弱 症候性衰弱・病気治療中療養中貧食臥褥)  疲労症候群  食欲減退 易疲労  虚脱無力 夏バテ 霜焼け  広義的衰退  。ガン治療中の随伴副作用  食事不振 悪心嘔吐  便秘下痢 腹部膨満  脱毛症 など症状改善は漢方製剤が有効活用できる。

                  診療内容  

    病気 病状の説明  基本的に 実際には生活習慣の視野内に自宅又は職場で自分できる事の再発見と誘導 ・病状が良くなるように食事提案指導  理学療法・マッサージ ・姿勢運動法 ・ 呼吸安静  ・自己起帰内省法 ・ 時短鎮痛神経ブロック・東洋医学・一般処方投薬の内容説明服用法及び漢方薬の服薬指導。

  🗝    特殊希少難治性神経痛 非歯性の口腔上顎下顎神経痛 部位別の顔面 側頭 躯幹 四肢 帯状疱疹後神経痛 【新鮮例 陳旧例】

  🗝    術前術後膠着関節痛 難治性関節炎症 浮腫 変形 筋肉腱板(羸痩)るいそう 可動範囲狭窄 水腫 跛行 体左右揺れ歩行 、病診連携リハビリ

        🗝     絞軋性浮腫 (バネ指、手根管症候群、術前・術後リンパ管性、循環障害性) 治療  (指・ 趾・に注射しません)

 🗝    外来通院プレミアム・リハビリテーション    インパルス ・ステージ   ℹ︎mpulse Stage【術前 術後】     

病院施術スタフが一生懸命にお仕事頑張っていますが 経過に まだ痛み 痺れの我慢と格闘に長期化を感じる症例が散見あります、病院は優れた伝統教材規定通りにあります。 当院は少人数の中に 医師が手技に直接関わり 細胞じかに 日々変化する現状を共有に 実態反映反応に効果を上げ 努めています   患者様も一般の方々もリハビリの目的はより早期動作制限を元通りに戻すに胸一杯にあると共感し 得意分野を中心に 症状ごとに 鎮痛・消痛の上 初診時から 同時併列により受け入れ易い矯正・理療します

     言うまでもなく 全ての病気は長年の理由に習慣・傾向があります 、ご本人は一番熟知してます 、治療法と療養期間はできるだけ 以前の良い状態に戻せるように お手伝いします  、当然ながら ご本人には決定と情熱と努力においては不可欠であります。

 

 

詳細は「当院の特徴」のページをご覧くださいど

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME