メニュー

ペイン・クリニック 🩺 特殊疼痛症候群・微細循環障害・しびれ・バネ指・腱鞘炎・冷え症 ・県南地区 治療専門外来です 🩺 🌑🌘🌗🌖🌕 体内体外あらゆる痺れ・冷え・腫れ・痛みを相手にする治療専科です。重症化 帯状疱疹後神経痛を筆頭に 当院の特徴は 進化改良で 時短 時間をかけずに、患部にピンポイントの効果治療で 待機することなく、素早く離床 、直ちに歩くと運転できます。。 ( 眼瞼、頭頂、側頭、顎、口中、顔、瞼〜指先、胸、腰、膝、爪先の表面と深部 至る個所 。 身体あらゆる部位のつらい痛み、しびれ、痒み、リンパ浮腫、循環不全・廃用筋群・得意の痛みを排除しながら難治矯正リハビリ・を修復治療する専門医分野 に普遍陽光を照らす )の世界に 日常にさまざまな疼痛疾患を関わっています、その応用範囲は三叉神経痛。顔面痛、頭痛、頚椎症 頸肩腕症候群、バネ指、痛風発作、手(足)根管症候群、肋間神経痛、腰痛 、頚部、腰部脊柱管狭窄症、辷り症、中に 昼夜激しい痛みを呈するのは 強悪代表帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛。この並外れの疼痛に挑みつづけ、これを制するできる者は、 疼痛治療家の最高峰と誉められます。大学病院時代からこの病気との戦いで始終仕事をしいてます、・当クリニックは継承して鋭意に ピンポイントで治療しております。

 重症部位帯状疱疹と疱疹後神経痛治療   治療計画を立てて

    帯状疱疹は、脊髄に近い神経節に潜んでいるヘルペスウイルス🦠が 何かの理由で 体免疫が低下より 急性活性化になり 神経支配領域に 皮疹と共に独特の痛みを呈す、通常は身体の正中線より片側に限局そして赤い水疱ビラン 点状又は集積した膨疹が 帯状に配列、強い痛み止めも無効に独特の痛み辛いですが 終生免疫にあります。最初からペインクリニックと皮膚疱疹の併治が必要になります、慢性化にならない為に

    体調優れずまたは免疫力が低下した時にヘルペスウイルスが活性化して、体のどこかに小さな水疱ができるのが特徴です。しばし 疱疹が皮膚表面に現れ前に 数日から10日ほどかけて 一見して何も無いところに 片側痛みを先行して訴える、そのために .初発の状態を含む、一連病態の経過観察に合わせて手当ては 残留違和感としびれ、痛みを回避治癒方法はとっても大切にあります。

症状経過

ウイルスが出てくる所轄神経支配の場所によって、全身に於いての症状はさまざまです。

🅰️ 頭部においては:頭のてっぺんから後頭部(髪の際)までに大小後頭神経、てっぺんから顔(前方髪の際)に頚神経支配が混在する。

🅱️ 顔の部においては:❶顔面の髪の際から上眼瞼まで・❷眼瞼下部から頬・上口唇まで  ❸下口唇から顎 ・耳ダブまでに それぞれ感覚三叉神経支配領域にあります。そしてよく知られている:

C 頚部から体幹四肢の脊髄感覚神経支配 するいたる部位の疱疹に 新鮮例・陳旧例に かかわらず、当クリニックは 辛い痛みの所在を突き止め、神経ブロックします。( 所用時間はおよそ1分以内  ) 即効性にあるピンポイント治療します。頭皮 髪の毛がチクチクする、瞼が重い、表情表現違和感 体幹四肢の体表動作違和感を呈す帯状疱疹神経関連病態に患者様から評価されています。

  • 頭髪や頭皮、顔、耳、胸、お腹の痛み
    (ピリピリ、焼けるような痛み、刺すような痛み、電気が流れるような痛み、締めつけられるような痛みなど)
  • 赤い水疱や発疹がある
  • 水疱や発疹ができる数日〜1週間ほど前に、皮膚に痛みがあった
  • 顔が動かしにくい
  • 難聴、耳鳴り、めまい  など

 🪀当院の治療法 と 治療計画

早期発見  抗ウイルス薬 限局神経ブロック 漢方鎮痛剤 漢方消炎剤、適正外用ぬり薬 痛覚知覚異常  免疫力低下養生  他

    具体的な帯状疱疹は痛みで日常生活が困難になることもある上、水疱が消えた後に瘢痕形成も痛みがいつまでも残る帯状疱疹後神経痛に移行する場合があるため、できるだけ早く治療を開始することが学会でも推奨されています。顔面領域に表情醸成困難、胸郭壁領域に深呼吸や咳払い困窮、腹壁領域に肋間下縁筋群に牽引痛 幻の腰痛。  得意領域て 当クリニックでは 早期 鎮痛・消痛ペインクリニック対応してます、併せて 抗ウイルス剤のほかに 疱疹を 消退に免疫力賦活作用を有す漢方製剤・外用薬を投与します。

  西洋薬は抗ウイルス剤そのものと鎮痛剤を投与に 対して、漢方剤は、病状の詳細推移経過に即した投与方法をとってます:すなわち、病態前駆期、皮疹出現糜爛拡大期、皮疹痂皮硬結期、慢性化神経障害性疼痛期 に内容は移り変わってきます、できるだけ、深刻ならずに、びまん性ならずに、周病態期に亘り、寄り添う治療になります。

     当院のペインクリニック 手技で 対応応用速攻する範囲は 急性 慢性問わず病巣特有の難治性頭皮痛、顔面表情醸成 まばたき瞬き痛、口内沁みる痛感、蟻走感。 顔面、上顎、後頭部、肩、側胸 ( 呼吸連動痛、肋間神経痛 )、背腰上下肢骨盤会陰頑固痛、歩行困難痛 。

🌴 ペインクリニック ・神経ブロック 施行することに 当たり、病院大学時代とかなり違って、ピンポイントに と時間をかけずに 素早く終えます、改善改良 進歩して 精密と正確さと効果を要求することから、〜数秒の間に終えます。時短・即効性を求めますと共に 施行後に 直ぐに 起きられ、離床できます。多くの方に喜ばられ、支持されてます。

   院長ブログ に 多項目標に連動。ご覧になられよう

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME