メニュー

院長ブログ

院長ブログ 7(2021.10.10更新)

     自己診断の誘い 、

身体活動の姿勢と行動情報で 正しい治療に導く近道になるかも知れません。また、どなたもご家族にも遭遇しやすい症状の対応に。

    ❗️片側の膝 関節 ( 又は片側の尻 大腿 脚・足関節 )の前面の痛み、外側痛、内側痛、 膝裏の痛みと痺れについて 下肢観察の経過を解析します。  同じく、肩上肢指も大同小異にも分析できます。

  まずは 歩行時痛、階段登る痛か、階段降りる痛か、安静時痛、  以上の静態、動態に伴う痛み症状をそれぞれの問診と視診で およそ病気の所在を知る、更に発熱、腫れ、体液貯溜の条件を加味して触診触って見ると 病気の本丸を発露し、関節に直接 間接に関わる負荷の方向、深さ、関連する腱 靭帯 筋肉 関節包、関節液、栄養する循環血流、支配する末梢神経、発生学上細胞分裂前後のルーツ、身体全体中の役割、主機能に代償機能等の総合評価で  患者本人とご家族に病気の流れを説明と理解深め、本人は治癒の主役に注意行動変容に繋がる。このプロセスはいつも とっても重視して実践、外来で治療とリハビリを始じまります、    一方、 両側膝の痛みは 外傷を受けていなければ、ほとんど、膝には無関係で、脳神経ないし身体全般に、内分泌代謝、主要なる神経の圧排などに、責任病巣の追究になるであろう。可能な限りに手術回避を最優先に、症状軽減 鎮痛計画手順により広い注意しながら治療開始します。            

テレビを筆頭に 世の中に痛み止め内服薬の宣伝が昼夜にわたり溢れるほど膨張し続けるだけに、漂流する患者も 溢れかえる程いる事を裏づけになります。胃腸の許容範囲をよそに、安易に鎮痛剤に翻弄の繰り返し増量することではないでしょう。何故ならば、科学的視座の的を得られなければ、治療方法と治癒方向性は延々と全く違う次元に向かえます。 思い当たる方は等身大の鏡を前にして観察すれば良いと思います、あまり触れたくないですが、このような状態長らくつづけていれば、移動能の心配も 修復大変なる身体構造体の歪みを直面にするであろう。                  治療の扉を叩く前に 洞察力を研きすれば、歩き方、手の振り方、毎日地球に一番接している 私のも、あなたのも履き物の底はすべての過去 現在 そして、将来を物語っています。              難しい事はありません、 ピンポイントは行動を一歩を前に踏み出すに。ご家族並びに自分の体にこんなに姿勢から沢山の情報で 自分の成長リズムをほど応用で理解できます、治しに繋がってます。キーワードは こんなはずじゃなっかたですね。昔から治療は 信頼と熱意支援を欠かせない事にあります。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME