メニュー

アレルギー性鼻炎・花粉症・過敏性鼻炎・鼻の症状(鼻水、くしゃみ、鼻づまり・鼻炎など)眼が痒い、涙目、。

鼻開口一番ではなく、顔の1番先端は鼻です、 顔だちの構成 (人相)呼吸や嗅覚、声の共鳴に関わる大切な器官です。鼻に起こる症状には、アレルギー性鼻炎、鼻出血、鼻閉、副鼻腔炎、鼻炎、嗅覚障害などがあります。

おもな症状

  鼻水がでる、鼻水に悪臭がある、鼻詰まりがひどい、鼻血が良くでる、いびきがひどい、鼻の奥が痛い、複雑なにおいと味を感じます、通常に安静時でも換気しづらい、知らず知らずのうちに口を開けたままで呼吸する、口渇き、両内眼角に目ヤニ、寝起きに口腔内にイガイガ感、過換気 (因みに過度な鼻閉の為に 繰り返し強く鼻啜りの結果で取り込み酸素過剰になり、一過性反応する脳血管攣縮にめまいか頭痛ないしボーとする)、鼻啜り、眠れない、時には顔つきが変わるほどになります。注意散漫、イライラ、肩こり、片頭痛、特徴的な前頭部位の頭痛 耳閉感 耳鳴り 疲れ易いなどあげられます。外来では よく似った症状の家族単位が受診に訪れる、顔面の骨格筋肉構成が似って 生活活動摂食が似てる、諸症状を引き起こす物理的理由も同じと説明されます、病期が長引く傾向にあります、機動的に治療する他に漢方製剤がかなり得意領域にあり活用してます。また稀ではありますが  片側だけの頬が腫れ 、発熱、上口角奥の歯根部炎症が奥上へと伝播し歯性上顎洞炎の起因に歯医者様と連携治療もします。

鼻の病気

副鼻腔炎(蓄膿症)

  副鼻腔とは、鼻と口とを繋ぐトンネルの部分です。そこに炎症が起きる病気が副鼻腔炎です。慢性の副鼻腔炎は、酸素濃度少ない内腔環境でも育つ細菌が繁殖、黄緑色濃い鼻漏れで 蓄膿症(極端に酸素の供給が少ない空間の中で育つ細菌、すなわち通常に反して空気中の酸素を嫌う、嫌気性菌を指す)と呼ばれることもあります。

  炎症により発生した膿が鼻腔から細い筒状のトンネル(自然孔)から排泄されずに溜まって慢性化します。

  一般的な治療方法は発病の根源同定、鼻 耳 口腔 の通り道をいかに処置して確保することは大切です、寝食  行動 寒冷 環境 温度 感情 ストレス 嗜好 、外来で洗浄に吸引、自然換気の状態に戻すを常に第一に努めます・特に自分から評言できない乳幼児に繰り返し 鼻詰まり鼻啜りや後鼻漏からなる 浸出性中耳炎を避けたい、しかしながらこの侵出性中耳炎は痛くないですので、気付きが 遅れに なります、当クリニックは 小児耳鼻咽喉の諸症状も対応してしております、難聴に早期発見解決に 外来で処置経過が大事です、投薬治療で改善しない場合と合併症のためには手術になることもありますので、早期の診断治療が重要です。

鼻炎

 顔面構成と同じく、遺伝に関わる事があります、 鼻の粘膜に発生した、急性または慢性の炎症のことです。鼻に関する炎症の総称

  鼻炎の原因は、体力 体質 環境 お発生感染、化学物質など様々ですが、特に、アレルギーによって発症した鼻炎を「アレルギー鼻炎」と言います。鼻総鼻道の絶対内腔が狭くなり、免疫力落ちれば細菌発育の温床になりやすくなります。

  放置することで構成するる副鼻腔内腔粘膜の分泌過剰に通りが狭くなり 慢性鼻炎や副鼻腔炎に移行することもありますので、長引く場合は耳鳴り、難聴、ふらつき、さまざまな不快な症状を呈す。放置せずに、お早めにご相談ください。当クリニックは急性はともかく 慢性病態は病期においても 漢方診察治療は大変有効に患者様に評価されています。

嗅覚障害

嗅神経は脳神経の1番に顔の1番前にその末梢神経は鼻先端に位置する、においの感覚に何らかの異常をきたす症状で「嗅覚異常」とも言われています。

嗅覚障害は風邪やインフルエンザなどの呼吸器系感染症や、花粉症など鼻炎・副鼻腔炎を原因として発生することがあります。コロナ後神経源性、近年では嗅覚障害は更に精神的を含む複合的理由があるのて 治療は多角多様化になります。

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME