メニュー

骨粗鬆症の治療

骨粗鬆症の治療骨粗鬆症とは、骨を形成する立てと横である骨梁の間に、本来は充満すべく骨実質にたるが、骨に小さな穴が多発する症状で、背中が曲がったり、痛みや骨折が起こることがあります。これによって、寝たきりの症状になことがあり、症状が現れた場合は、早期に治療することが大切です。

治療

🅰️  日光浴、ほど日差しを当てる

🅱️  カルシウム食生活に取る

C   体力年齢に応じて 運動習慣化

D    吸収可能のカルシウム剤を投与

🪀 関節痛とあらゆる痛みの源を探す、治療 リハビリ 、日常生活活動応じて、ステップ 〜ステップの運動に

  お産の回数、副甲状腺機能、偏食、栄養状態、性別や進行度によって使用する薬は様々ですが、投薬による治療が一般的です。また、骨密度を増加させるための食事による療法もあせわて行う場合が多いです。

日常生活での予防も重要です。当院では予防についての指導もいたしますので、骨粗鬆症が気になりましたら、お気軽にご相談ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME