メニュー

☘️ 病変の局在に 病態の表現 ・体の上からの順で 髪 頭皮 顔面 頭 肩 肘 指 、頸椎上下肢胸椎腰椎 大腿・膝・足・の症状(発赤・腫れ・浮腫・痛み・しびれ・違和感 ☘️)治療の方向性。

    上記に羅列したほんの一部身体の不調、代表病気にすぎありません、 諸々の病変・病態は 総じて  内外から大小の様々な系統刺激による生体応答の当たり前の現象であります、この現象は炎症反応と言います。炎症反応は 一連の規則正しい生理現象に反して 病理現象で 身体を構築する最小の細胞組織に    =発赤 腫脹 表在・深部痛 関連痛 動作制限= をもたらす、     病気にお悩みの方 また、あちこちでご精査された方 まだ完治されていない方々なども是非 立ち止めて、解決をあきらめずに、難しいかもしれませんですが   この概念に理解と共感になられよう。  細胞組織を治すには  膨大な集約した知識、見知、豊富な重ねた臨床実績が要求され以上に  時間をかけ 熱意と熱心に真剣さは不可欠にあります。

症状 その一部:

  • ひざの痛み
  • ひざ・足の症状(痛み・しびれ・違和感)ひざに水がたまる
  • ひざが曲がらない
  • 正座ができない
  • 足がつる
  • ひざの不安定感
  • 足首の痛み
  • 足首の腫れ
  • 足のしびれ
  • 足の指の痛みなど

上記のなかには、

初期にのみ出現する症状、ずっと続く症状、症状は似ていますが 思いこんでいる責任病巣は まったく異なる部位にあります。・・・深刻な激しい慢性頭痛 片頭痛は 歯列の噛み合わせ、左右視力差、眼圧緑内障、テレビ パソコン スマホ時の動作や視線差 姿勢、アレルギー副鼻腔炎 鼻すすり 鼻閉、二次性神経衰弱 などなどで症状を引き起こす遠因にあります、簡単に対する治療には安定化と早期有効の大小後頭神経ブロックにあります。臨床経験上に 類似して上半身の肩や肘 指  、胸痛 側胸痛 背痛 腰痛 腹痛、下半身の足やひざ 趾の痺れと痛みの症状が直接原因ではない場合も 初回外来で とっても多く見られます、説明と理解は時間をかけてます。総合診療の診断と治療は 常に垂直と水平に交差する 点と線上に あります。 

    できるだけ正しい原因を慢性化 変形化なる前、長らく多剤鎮痛剤受ける前に、立ち止まって、介護になる前に 落ち着いて、なにできるか なにできないか 、何よりも これからの立ち位置 自分の身回り活動は自分から難なく出来るように維持するを前提に 自己尊厳を 家族ぐるみで 懇談され、諦めずに協力して、 壮年中年 ご高齢の方々は 痛み 痒み悩み難局の打開に 有効に   急性期はもちろんに 慢性期には 家族の温かい支援と行動は不可欠にあると思います。

 

顎関節症 非典型片頭痛 大小後頭神経痛 口内口乾舌根痛 帯状疱疹前後神経痛 頸椎 胸椎 腰椎 尾椎 すべり症 術前術後開胸後肋間神経痛 ばね指 手根管症候群 根部大腿神経痛 坐骨神経痛 変形性膝関節症、膝靱帯損傷、半月板損傷、外反母趾、扁平足、アキレス腱周囲炎、足底筋膜炎、発赤疹腫脹 有痛性関節リウマチ遠位末梢性関節変形症 関節症、関節痛 痛風 偽痛風発作 など

首・肩・肘・手指先・背中・腰・骨盤・大腿・膝関節・足など全身のあらゆるところでみられます。

 

初期発する症状に 続発性する症状に または 症状は酷似するがまったくが違う単純な病気にも 多々ありまして、できるだけ正しく 身近に第一線で治療するクリニック医院だけに 早期に解消したいで一緒に努力します。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME