メニュー

ぎっくり腰の治療・頭痛・肩凝り・腰痛・膝痛・四肢・ 指趾・連合痛

ぎっくり腰の治療        ぎっくり腰とは、急性腰痛症の通称で、突然腰の痛みをともない、動くことが困難になる一つの疾患です。突如に発生する機序は ほとんどの場合に普段しないの姿勢を変える時、 荷物の整理を予測に反して思ったより重い 又は 軽かったりに持ち上げる態勢で 瞬間に発生する、西洋では魔女の 一撃です、医学では 筋筋膜性腰痛症と表す、文字通りに 関節を包む支える筋肉群と層状ファシアが 思いもよらずの急変で 顕微鏡的な毛細断離が生じ 局所に炎症反応に反応した末端末梢神経刺激で中枢へ伝播する一つの仕組みである。力学の強弱さにもよりまが 意表突かれる程度に応じて  脳に伝わる前に 相応する脊髄反射神経ループで 鋭く激しい痛みを呈する と思います、程度によっては 脊髄反射神経ループと上行神経刺激で脳反射に下行路と連動分散繰り返す 耐え難い波状疼痛に展開する。不幸に 後鼻漏咳 風邪咳 くしゃみに症状は増悪する、これは胸圧と腹圧の膨張で脳脊髄圧力亢進し 傷んだ患部に衝撃波状の痛みに加えるになる、できれば避けて、予防する為にも役に立つ 併せて 一つの病状の流れを説明しいます。

        基本的に患者さんと一緒に 他の疾患・病状に対峙する際にも心得にしてます、突発性ぎっくり腰と一言で言っても、治療方法は様々にあります、不安定すべり症 椎間板ヘルニアなどの疾患である場合があります、ペイン ・クリニック鎮痛治療では得意分野の中にあります、痛みに対症療法はとっても簡単ですが  小回りのクリニックのできる 今の病状だけでなく これから発展する病状を注視し、いつもの通りに  痛みは発赤 熱感 腫脹 機能不全 悩みと同じく生体が発する危険信号と理解してます、その他に増悪因子 寛解因子 隠れた他の病気 、局所 全身の関連、病状の経過時期変化などなど分析と未病の状態を大事にしてます。  とりわけ 初期の診察と治療方法の厳選は とっても大切になります、症状の理解を共用し 素早く治療開始に 慢性化移行ならずに 正しい自宅療養方法を習得し 傷んだ細胞の目線で 再発防止 治癒に目指す。頭痛・肩凝り・腰痛・膝痛・四肢・指趾痛も得意分野にあります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME