メニュー

がんの痛み緩和 治療にみられる(副作用・副症状)の緩和ケア 体内に免疫力賦活 

がんの療養中は、痛みによるつらさやストレスを感じる方が多くいらっしゃいます。

がんにともなう痛みは、ほとんどの場合、鎮痛剤を使うことで和らげることができます。薬の量は、痛みの度合いや原因などで変わってくるため、専門の医師による診断がかかせません。

当院では、がん性疼痛 こわばり 関節症関節痛 全身局所術前術後浮腫 摂食嚥下障害 痩せ 心身消耗 気分障害 脱毛症 がんの痛みや吐き気などの苦しさを緩和するための治療をおこなっています 不安に 集中力散漫 気力体力減衰の支援は不可欠と思います。

一般的に 痛み止めの薬や、神経ブロック等の注射や筋肉の緊張の和らげる治療など、希望する患者様にあった治療方法で痛みを取り除くサポートをいたしますが。東洋医学では 心身の健康を気持ちと体力の増強一体型をとっでも大切に治療の対象としてます。人体の組成ちに約60兆細胞あり 数々の生命活動を維持するための新陳代謝に細胞分裂に分裂、なかには生体にとって不都合な産物もあります。いまだに未知分野たくさんあります。

  代替医療 緩和医療 の意味に個人的好きではありません、脳みその働きは ほんの少ししか分かっていないと同じくらいに 沢山の未知分野には 今もこれからも 止まらずに解明に進むと思ってます、少なくとも 未発見ないし 取り残された世界中隅々にある薬草 理療 漢方 宇宙営みに基礎医学細胞内外の関連新文明がたくさんあります。

  治療法と治療薬には対象病状説明の経過説明から始まります、、言うまでもなく 病気なり立ての背景に 表裏一体 症状の陰性陽性 体質は熱性寒冷 身体の奥は強靭虚弱 経過した病期の初期中期晩期 発病の勢いが急性・亜急性・慢性・慢性経過中の急性増悪・などについて 詳細に勘案し 直接・間接・前後・更に性別季節年齢体力に応じて過不足に対応しています。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME