メニュー

院長ブログ 2

[2021.07.14]

 人体を構成する細胞の思い

    細胞を通して 成長する生命現象と病気の成り立ちには 身体に莫大な刻々と変化に相互相関の方向性があります、三次元・ベクトル解析進みに 更に沢山分かる事とわからない事の壁に 遭遇する。が、何方にも 良くたりたい権利を有します。
   約60億余りの細胞に 基本構造体の中身は ほとんど同じくありますが 細胞固有含有物質、細胞内液、細胞外液、細胞間質液 細胞分裂、細胞膜の電位差、分裂後の存在する箇所、役割り、 細胞の生存環境、温度、湿度、新陳代謝、細胞間の伝導遊離物質の放出と回収 再利用、細胞自身生き延びるのSDG s策に見習うこと多々ある中に、治療のヒントもたくさん潜んでいます、自然生理的静態動態、経年的状態、細胞自然流れ、遺伝的素因、後天的、経年的劣化、侵襲、修復療養機転・維持因子 増悪因子 修復因子 改善因子・細胞の目線・・・丁寧に 分類、分析を あらゆる選択肢と創意工夫の成果を乗せて、治療に。 [ 2]

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME