メニュー

院長 ブログ 10

[2021.11.14]

                   ありのまま

        ありのままは、一番疲れません、診療の場においては、容姿、血色、生活感など静的状態に対して、呼吸、発声、歩行など動的状態は参考に、中には 眼の動きと表情がより沢山の情報を得られます。

       日常的に生命活動は ありのままです、病気の予防と治療の基準は その方の日常をベースに、基線の上下動揺の誘因は、過去、現在、将来の視座に置き、大まかに体内、体外

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME