メニュー

院長 ブログ 44

[2022.09.05]

    突破力   break through⇒

   then push the limit

      一期一会ご縁になられて、できれば 、一人でも残さず社会復帰に向けて早期治癒限界値まて押し進み更にしたいです、当たり前の事ですが。何方も不具合になり、治すにおいては、可及的に早ければ早いほど良い。キズ炎症は限局された局所のみ、もしくはより深刻かつ広範囲全身におよぶ場合には、予見をそれ以上に悪化拡大せずと 漏れなく慢性化ならないよう気配りに、努めること 。年齢性別・身体栄養余力、休息環境仕事・性格能力気力、季節温度湿度・養生温存リハビリ病気認識度・予後理解度・実行、修復能力、他力本願限界値 ¿  ,,,  千差万別阻害因子排除。因みに何方も大切大事に生まれ育って、乳幼児期からひとまず成人式二十歳に病気怪我なくなれるには、けして偶然ではなく、努力なしには当たり前の成り行きに任せるではなかったはずです❗️、かけられる養育の恩、地域の恩、社会の恩、無論ご自身の成長に合わせ我慢辛抱努力と身体精神には欠かせない不屈底流に生まれつきの自己愛自己信念です 、要は 元気で生きることに、予見せず不意侵襲をうける時に、あなたも私も自身の良い巡り合わせと素早い行い反応次第です 。    

    以下はある娘に同伴されたお母さん経過のお話しです :

  あきたまたま当院で コロナワクチン予防接種をきっかけに痛くないから気に好(い)って戴いて、娘さんは自分のお母さんが腰の痛みと脚のしびれ強く破行歩けなくなり、毎日御膳立てに世話、日常生活移動扶助困窮、共倒れの延長上に活動自立限界、また認知度が進行のご相談にのりました、翌日同伴で杖によれ寄れ介助されのお母さんを拝見になりました、簡易神経テストに続き、脊椎支持筋群低下、多重椎間板狭窄で重積神経圧排しびれの病態に、直ちにピン•ポイント神経ブロック施行局所末梢血流循環再開なりを確認し、姿勢修正良肢位二次固定施行、仰臥位から立位移行体位補助指導、3分ほどで本人は守られながらリハビリから戻り、小幅ながら自力で歩きし始めた、びっくりした娘さんはしばしば凝視したまま重い口を開き:ほぼ十年間に重積鎮痛剤飲み続き。罹患のまま消退しない痛みも耐え続き悪化に一途で もうだめに諦めてた 、、、筋力歩行感覚再建リハビリ室から戻ったお母さんの眼差しに疲れ切った容姿にあるも驚きに輝きを確認した、ご自身が自由に動き出した右の脚を久しく再び自分の視野の中入ってるを確認に驚き、私もそなた嬉しいそうな顔に15分前には考えられない底力を引き出し始めに実感、悠長な不自由な闘病マラソンに折り返しコンナを認識、確かの回復し始めに本人も娘さんも体感した、これからは重厚の治療方程を心身共に理解行動に、痛みとれた廃用筋群に知覚と局所循環を引き戻し、杖も認知も離れるように大好きな畑作業収穫の笑顔に深めるに違いない ,             > 考察に::: これは偶然?にも治癒に導く条件が揃った::: 娘さんの親想いに医療限界の疑問を素早く行動に移す、お母さんの再度畑に自分の足腰で働き願望、出逢いは緑クリニックスタッフ一同の情熱に賛同と実行した、よく見られた風景にあります。

   医療機関は 往々して痛みを主訴の方々に、痛み止めを処方する、効かなければより強いに、更に強い痛みにはより強烈な鎮痛剤を加重に。いわゆる名医はうける、待ち時間短く、早くて簡単、特に鎮痛剤に多様な種類あり、一般的にわかっているはずだが、近未来に必ずやってくる病巣を深く追求しなければ、それなり良いかも知れません。。。が、知れば知るほど、流れ作業に沢山の危機が潜んでいる、難治性なり求診に来られた目の前の患者に、手技は勿論、より細かい治療計画経過に、遅れた分を追っかけ着くに忍耐と過度なる努力、力対応力だけでなく、本人と同伴家族の気持ち、年齢体力熱意、次第にあります。

   不具合時の医療視点からの経過は  。以上に述べた家族ぐるみの意気込み影響因子以外に、 ❤️‍🩹治癒になる方程式あります:治療は病気を治すではなく、使命は 日常に戻れる暮らしその現実を治すです、奇跡は身近にある、その為に進歩した医療視点恵みも身近に遭遇できるはず、底流にそのお母さんの口癖通り:もったいないナ、何とかならないですか!、再建再生への渇望に突破、力を添え、潜在再生神経筋肉能力を触発、渾身のメッセージに応える、突破力を使命済生に、ご縁を大切泰然に、創意工夫を求める方に注ぐ、信念努力なしに、偶然にはありえないです 。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME