メニュー

院長 ブログ 38

[2022.08.03]

           廃用筋 症候群  

      年輪を重ねて、完璧修復を期して仕事をしていますが、世の中通念に、すべてにおいて完璧はありえない、思えばいつも優しく育って戴いた 親が云く: 丹精込めて作り上げた、綺麗な丸帯米粒にも少し凹みが残る、世には完全完成は存在ありません 、、、だから奥義達成に目指して努力する。

     使わなくなった、使え終えたではなくて、使えるはずの筋肉筋膜組織は、意識に反して、作動できなくなった事です。大ごとの始まりです、廃用筋の醸成過程を 掴めば、成りにくいすべきの行動と不幸になった場合の治療方法がインメイジできる、その中で、効果的な要素を集中させるだけの目標に努力のみになります。

。関節を取り巻く環境、: : :  関節包、関節間の筋肉組織、筋膜、ファシア、腱板、血管、血液、神経終末、電解質、湿度温度、栄養素、ホルモン、新陳代謝 などにあります、また静的状態、動的状態。生理的活動、病的活動、刺激に対して応答要素と条件を加えるにさらに複雑化になります。、、、、、加療側以上に、その中で ご本人と 支援する家族の心身真摯んたる気持ちです。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME