メニュー

院長 ブログ 34

[2022.07.05]

   慣行リハビリの 発雷新旋風

 幼児から じいちゃん ばぁちゃんまで、リハビリ という言葉を知って使ってます。急性医療手術になり、入退院療養なり、退院の暁に、機能回復を期待する リハビリを課す、 通院リハビリと在宅リハビリ、往々に延長線に介護の世話になります。もう早い 、疑いなく当たり前の軌道上の 滑車になります。     しかしながら、広義の介護マーチング行列に 並べるになれれば、教書通り成り行きになります 。主治医のリハビリ指導箋の基で、期待すべく効果は、ほとんどのリハビリ担当スタッフに託す、あれこれと丁寧に手あて施す、目標に ご本人もスタッフも 向かって努力する。一般的に リハビリスタッフからは、所定プログラムに 定番 クール毎に 多数の患者さんに 役割り分担方式で行い、頑張ってます。。

    弊院は 慣例に一線を引き、なぜかと言えば。思ったより 多数待望の隊列が滞留離散 存在してる実態 ;;; 慣習の理想ゴール のレールから外れた方々、プログラムに、もがいて接岸困難、なお後遺症状に困窮、鎮痛剤重々自立行動不自由な方々に 、または 最初から彷徨う方々に、私たちは、敢えて離れたところで ご家族と 共に冷静になり、雷雲よりも高い所から俯瞰、自由に見え観え易くして 焦点 採り、慣行治療の域内外隙間・ 空白 灰色谷地に漂う 、このような方々こそ、弊院広い治療手技 、先端分野、特に重点に発雷 特化して開きに支援します 、よければ 関わらさせています。

    「  ハビリ 」・  本当の意味は、失なわれた日常慣習活動を手当して 再びできるようにします 。      再び 良くなる求める思いご本人と ご家族は 高い宇宙よりも 深い深海よりも厚く重い 。診断治療素早さが勝負の分水嶺 。   外来は、諸々主観慣行を 大事しながら、一歩下がって、反芻消化、現場の盲点に発雷。  最初から' 専任一貫 ' して、ご本人と家族 強い思いやり理解と協力得られる前提基礎に、来院当日から 手あてします 、病源のstageステージ必要に応じて、直に治療に合わせる、同じ医師による 時短多様 即効なる ピン・ポイント鎮痛除痛、腱鞘筋膜、大小関節、筋肉弛緩 、術前術後バネ指、足底腱板筋膜炎、上下肢位に意志に反する伸展不全痛、繰り返し震え、振戦に伴う 失行、跛行、を循環再建、大小不慮事故後、脳出血梗塞後、難病後、身体SDGs ・リフォーム、思い遣り時間をかけずに。かかわる素早く手技時間短縮神経ブロック、同じ医師による 手技徒手リハビリ固定転位を実施、さらに、個々の病源個性 体力に合わせて計画を明確化に 一貫して反芻効果を糧に病源に近づき、治療術前術後本人よるVAS 評価明らかにし 、本人に在宅持ち帰り練習内容方向性をはっきりにして伝習、治癒発揮に最短距離たる自分でも納得して無理せず、ケア温存、二次支障、過重増悪逃避肢位を教授します。在宅療養期短縮に資する指導、これはとっても自慢大きいことです 支援。   最も大きな 特徴は、良い肢位の発現固定、その場で鎮痛除痛疼痛回避、発熱腫脹浮腫回避、機能障害回避、諸関節能評価最もコアにあるROM値尽力増進、増悪阻止に 早期離床、自力処理トイレ行ける処理を最たる重要な指向目標にしています。

   最初から救急医師に従事希望に叶えて思い、大学附属病院時代から 朝晩に 抱える最前線救急治療担当医であるために 、院内各科からも、難治性劇痛症例を  できる所ならば、受け入れに慣れてます。いつも病気の本態、誘因、直接間接に直視、病源細胞レベルで 想像しうる なりうる将来像を真剣に思いながら行動反映に、総合病源の遅れを 取り戻すに力 に注ぐ。今は 小さなクリニックだからこそ、小回り面々気配られ、近道に導く医療は待った無し、一貫して医療体系で素早く行動に反映できる、個々豊かなる個性の尊厳を大切に、安易な介護マーチングに 搭乗に慎重に慎重、知れば知る程に すべては、遥々ご来院にご縁、目の前にいる方々に " 早急に 自分の意思で 日常在宅自由自在に戻り 自信“、在宅介助最小限に 、混沌闇の彼方に大きく発す春雷稲妻に、照らす光る新しい道標、一貫にして、本来にあるはず、そよ風 と微笑み 。、。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME