メニュー

院長 ブログ 24

[2022.04.20]

   ^_^  いつもすり足歩行の方々に、  これから 2センチ 脚上げる慣行に変えれば、 素晴らしい姿勢で健康と長生きを手に入れられるであろう 。  もしも、いつも 使っている杖 を手離し❗️したい方は、続きをご覧になられよう。

        意識下で 美しい着物時の歩き型とは違って、無意識のうちに、脚上げずに歩行されている、つまりすり足の方々は、外来では多々見受けられてかつ増えています。   最初は、やや円背加齢者の特徴の一部かと思っていましたが、そんな簡単な事ではありません、これは 悲鳴表現ほんの一部分の始まりです  。実は背腰膝痛が増え、歩きづらい、脊椎・椎間板・正常生理的カーブに、変形、狭窄、疼痛現れた場に、自然と上体を屈み込む体勢で、痛みをかわす楽になる形で維持、つまり逃避姿勢の現象です。

   社会現象の紛れに、今まで、誰しも歳だから、先祖様も順繰りに、痛みは違う形で容認され、固定概念化にあるのも事実のようです、しかし昔と違って老齢だから、コンドロイチン軟骨減る紛々だから、安易に介護思考導入になりがちも分かりますが、 実は 凄まじい現代医学発展の恩恵が沢山出てきています、介護の本来目的としては難病、生命機能自立困窮困難に重点配分にゆえ、回復可能を可及の支援にする、財政難局だけでなく、高令なられでも ながら、当たり前の自立 自助 自身 優位  有意義な人生を自分信託し、古くって真の学問醸成した治療方法の恩恵を追う、享受すべく選択肢権利を排除しないにあります。

  🌈  人生に生死老若ような放物線の 軌道ありますが、自己選択肢で 落ちるカーブを いかに、しなやかに 、緩やかに、

   穏やかに過ごせますよう、諦めたくない、失望させたくない、既存獲得した機能並びに回復能を信じて、あたりまえの笑顔再び、外来治療リハビリは ご家族と本人希望で実現するには当初の確たる意志に移動行動に欠かせないにありますが、家族共に応援します。   一緒に対峙しよう、この杖は本当に必要でしょうか⁉️ 。除痛環境下で大腿四頭筋を始め、挙上筋群細胞再覚醒賦活にあります 、初発の方はともかく、ながびいた方々には、リハビリに関節筋肉に関わる動作に力を吹き込む、もしご来院の運びになられば、誠に申し訳ありませんですが、多方面特に限りにある共存すべく経済、時間、マンパワー、医療資源を大切にする、丁寧な対応したく、早めの余裕を持って、勝手ながら、受け付け時間帯の中に 診療治療終えるように、ご注意されますよう、。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME