メニュー

院長 ブログ 22

[2022.03.13]

   ニッチ  膠着から脱出  特化

    病気の動的流れを示す方向性を学術に基づく固定値と予測値に加え経験則値 、既存学問の随所随症に効果なる大小応用できる方法、その展開は患者が渇望する健康の回復に、目立つなくでも当たり前に職業の使命感。                不本意ながら病気になった患者の精神的凋落に律動、症状患部に密着 患部密着にいつも心かける・・・そこで得られる 情報を最も大切大事にしています、特に、中にあちらこちら病院に行かれて、病名を提示されたにもかかわらずに、症状好転反応にたどり着くに彷徨う、辛い現実に疲れた方々の関心は 画像付きと検査付けの説明以上にどうやって、いつになって現状打開に出来るかに集中する、ゆえにパソコン画面にパチパチ叩くよりも、来訪患者を目の前にして 動的、静的、患者さんの情報と自分の手広義を信じる。物理的、化学的、生物的に日々変化する病状はいつも 新鮮かつ生々しく、言葉以上に伝わって来る、これらの現状を基に 待ちに待った最重要の治療順位をすぐに反映させ、治療計画にリハビリ計画に息を吹き込み、流動性小回り応用に効く、根流に可視化改善に行動す、患者が受け入れられ、包括普遍的済生に光を照らす。

    "ニッチ" とは 隙間 、狭い、細道、 注目度低い、奥義に気づき遅れの意味。・・・人体のすべて臓器を構成する細胞、細胞膜、細胞間隙 、間液、成人なら 60%以上に血液 リンパを含むさまざまな体液は、それぞれの部位と機能は 大小かかわらずに、生命正常に運化するには、最遠位の爪においても役に立てます、いえ!  役に立つところか、活動になくではならない存在です: 指爪、趾爪なければ、趾運動と足運動は連携して、力合わせできずに円滑に歩けない、硬い指爪なければ、抗重力の力集約できずに、握りづらく、ぎこちない。ほんの些細な隙間事例ではありますが、不便の延長線上に、跛行に強いられる、かばう為に、近位に膝痛腰痛、遠位に気づかず内に動作協調困難のために肩凝り頭痛。  霊長類頂点たる人間は、指爪利き手の不自由で 肩凝りに頭痛になりやすい誘因と容易に思いつく。   環境適応に従い、内外医学の勉強応答、治療法発想も進化論レールに人間も現在順応しつつ進行中に、身体いたるに無駄の所はない中で、細胞間同士は良くも悪くも関連し続くです。   諺に曰く::: 些細な火花でも、草原のすべてを燃やし尽くす力ありますように、条件にもよるですが、体調の良い体は燃やし方広がりは限定的で止まり、体調がすぐれないときは、いっきに病気は広がる。治療の根拠、リハビリの根拠、時間をかけて、現場回帰、ニッチな些細な 診療確認の大切さには 譲らず欠かせないものにあります。因みに、脚の爪と覆う皮膚構造は 手の指の爪と覆う同じ皮膚よりも厚い 、てっぺんに覆う頭皮も厚い、成長期間や環境機能に応じて修復し進化すると理解してます、内臓の位置から見れば、遠位の末端ニッチでも、身体の診断治療法にわくわく発掘新風の緒と重宝しています。             🍃 主感視と客感視同居に芭蕉の安定した哲学精神に近い、あきらめず治療律動奥義に 細道あります、効果なる治療は、偶然になく、地道な現場主義にすべての大小熱意で成り立つ。                          "院長ブログ"  ・2・3・13 ・21・22 に連動しています。

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME