メニュー

院長ブログ 21

[2022.03.05]

  歩けないことは 壮絶な事 行動を

 若い方や元気な方は ほぼ無縁ですが 交通事故 や大きい病気に多く見られがちですが、実は人生の中で何度か経験済みにあります。その影響は年ごとに響いて来ます。軽微な深爪、脚タコ、石角蹴り、足首捻挫、外反母趾、痛みの中程度は  変形性膝関節炎腫脹、下位坐骨神経痛、重症には 頸部腰部脊柱管狭窄症、・・・内科的には、脳血管障害後遺症、糖尿病性神経障害、動脈性血管障害・・・   何とか寝返り、離床困窮、中に一番辛いのは、排泄関連、お家中でも自力でトイレ距離短縮できずに  何難儀、単肢なら何とか引きずりながら用を足しできるですが、ましては両下肢でしたら、待ったなし、大小便の事に想像を絶する事になるでしょう。加齢者は些細な不調で、 事はしばし終わりのないの始まりになります。中に移動能を奪われ、自分で狩リ摂食する動物では残酷だが終焉を意味する。人間は成年をピークで新陳代謝因子やホルモン因子や生活習慣と環境に大きく影響をうけ、鋭意に治療の享受至らず、小さい不覚ケガで、人生の後半で苦杯を避けられない。内臓疾患とは別に、整形外科は人体を支える構造体を専科とする学問の応用に、下半身は基礎たる部位にあります、ケガ外傷の歪みは、常に躯体全身を念頭に、些細な観察洞察そして将来像を感がいながら、一緒に真の病巣に対峙します。               院長ブログ 13・  16・ 22・ に連動

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME