メニュー

院長ブログ 19

[2022.02.19]

     沁みる 診察 と 治療の思い

    医療にかける意気込み  :::  診療の結果は 必ず治るとは言えないものです、どんな名医でも、自分に任せてくれは言わないです、小説以外に聞いたこともないです。何故ならば、絡んでる事実は変化千万、避けられない出来事も沢山ある、病気発生に気付きの初期、ケアにかける気持ち、空間時間、病気醸成される背景、治癒導く体力気力限界値、勉学仕事内容を治すに主流注入因子、合わせて環境因子、人間も自然界の一員で 季節気候晴天雨天の地球因子、先天遺伝傾向因子、後天人為因子、増悪因子、治癒遅れ因子、治癒促進因子、中に せっかく繰り返し治療計画立てるに、どこの社会現場、医療現場でもよく遭遇しています;病院医院事実を棚上げ熱心に誹謗中傷の話も聞かれますように、他力本願、忠言無視、自己流義、遵守せずに多くみうけられてます。他方、年齢体質で 炎症反応に応答能力低下、新陳代謝能力落ちやすい加齢者に家族方の通院支援実行及び 関心度に尽力度に歴然と関わります。[ 懸命に努力差が歴然に大きく開きます ]....対人関係の仕事だから、必死になって医療最中でも例外なく、世相をじかに反映されとも嘆く。 人事に尽くして、天意を待つ。結果はどなたも同じことになるである、奇跡は長い道のりで育って開花、実りは偶然の肥育なる土壌はない。出会いに一期一会のご縁に専門回復助言忠言遵守、すべては、自分の痒み、辛み、痛み 、悩み、そして、どこどこの大病院、有名人、有名施設だけでなく、自分の気持ちと身体を理解し治癒に導く自分に合った医療工程を見つける事にかかわります。更に自分努力次第で近道、自己責任を持って、時間と今でも医療財政志願危機を無駄せず、何方にも良い出会いに恵まれますように、感謝して、願いつつにあります。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME