メニュー

院長ブログ 16

[2021.12.31]

                          漢方外科

  漢方と言えばインメジとしては、独特の内服製剤は 一般の方にとっては 味も、色も、匂いも異次元との遭遇、頑張って服用することは それなり明確な根拠が必要です、漠然としては体に良いものも分かるですが、治療効果を増すには理論的に理解して戴くは不可欠と思います。

    世の中に生まれて漢方薬の遷移から 紐解きには分かり易くなります。ほど太古の文明に、外傷内患に窮困され、有志の神農氏( 仮想の人物か 多数の方々 ) 百草を嘗め、病をなんとしても良くなるように生死をかけて自身で今風で 繰り返す大きな生体実験先駆者達が残した 結晶、コロンブス新大陸より遥か以前に東西哲学魂を論ずる意気込み行動に 感謝。然らばその結晶より編み出した人体診療方法.曰く:: 望・聞・問・切・. 症状に沿う各々薬剤成分の特性に合わせた煎じ湯薬 [近年は携帯に利便性のために顆粒状包装]、奥義に熟練なれれば、繰り返しになりますが、症状の形成し始め、急性期、亜急性期、慢性期、慢性化急性症と終末期で六病期を分類し、臓腑の位置状態を・虚実・表裏・寒熱・強弱・で八病位:  深掘り 立体重複ベクトルで病状より明らかに評価する。

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME