メニュー

院長ブログ 15

[2021.12.15]

不本意ながら 季節・天候の体調変容

     🌈  今頃季節の移り変わりに特有の過敏に反応する病変について: 皮膚掻痒、鼻詰まり 頭痛 片頭痛 腰痛 痺れ 身体浮遊感 めまい 脱力重い無気力 底冷え 血圧乱高下 自律神経気分障害失調は 今般の気候 気圧 気温 湿度 の変動に人間も同じ自然界に生きることから、自然環境に則したさまざまな症状に派生するに 激しい同調症状を表す、

  四季の恵みで成長する動植物、四季の移行期変調する個体差に 進歩する西洋医学の治療手法と同時に根源深部内側から挑む、根強く漢方の得意分野にも求められています。外来治療も外界世相変容に応じて、同様にコロナ禍後に過敏に反応する諸心身体調 感覚脱落違和感症状にも簡単に諦めたくないです。体感たる六感を司る器官系は ほとんど、眼、耳鼻咽喉領域の脳感覚野、また記憶、思考、肯定、行動は脳運動野にあります。コロナ本体はいまだにはっきりしませんですが、なんらかの伝達異常とかん考えられ、中で先行され対症療法の中身は:

   日中に日常生活に意識して、身体的に健やかに過ごすことが大切だれけども、夜間安息で非意識下での本格的の身体ケアはいかがでしょうか、 実は 人生の三分の一は、昼間活動時間の消耗したエネルギー源の補足は活動最中の他は、夜間で睡眠中で 静かに行われてます。副交感神経優位の状態で 細胞中のミトコンドリアが主として糖質の分解して、生命は営まれます。

  およそ五年前に 年間を通して 四国徳島の山奥、温暖差の高い山林に囲まれた居住者に 夜間も健やかに 気兼ねなく普通に寝返りできるよう、畳み住まい寝床部屋に適正暖房を入れ替えてから、有意にかなりの評価で 健康活動能力増、病気の発生減退、健康寿命が伸びた報告にまさしく同感にあります、遥か40年前にこの説法は開院当初から普遍に伝授しています、これは居宅往診時に恐ろしい光景を目の当たりにしたから、ほど裕福の家に、階段下の空間にビニールカーテンで 間仕切り灯油ストーブの奥に丸まてっるお爺ちゃんがいた、依頼者に絶句。かなり際どい事例だが、いまだに、患者自身の寝室に暖房温度適温施しなくに、寒さに耐えてながら、なるだけ身動きを不動に夜中も朝も丸まって寝てます。真っ冬この季節に共鳴して光景 :  めまい、肩凝り、腰痛、喘息発作、心臓梗塞、脳出血梗塞、高血圧緊急症。秋口の明け方から頻繁に出動する救急隊員方々が止まらない悲鳴をよそに

   治療を求める前に、未病の対策は流れ大勢を決定することは 何方も知っていますが、口揃って、寝る子は よく育つの通りに、身体は悲鳴を上げて、成書多々参考なられよう、夜間は副交感神経優位に治療をいつも奨励してます、特に安眠できる環境を渇望しています。細胞の回復と新生は身近の行動は待った無し。

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME