メニュー

院長ブログ 14

[2021.12.06]

         痛み  の治療は多様性にあります、

  症例により、 直近の二、三日に 局所の腫れと熱感と機能障害は内科的関連性を除外してから、腫れの大きさ 深さ 内容物凹凸 底辺との繋がり 色  遊動性 推定供給血液ルート関連 リンパ節の数と硬さ、自発痛、指向性圧痛、感染、非感染などを念頭に 分類して投薬し 、全身又は該当部位に日常動作に支障の最小値に固定、安静に安定、

  一方、症状を五日ほど以上に過ぎてからの症例病態については、急性期、亜急性期、慢性、慢性期急性発症期で 分類し、対応方針厳守に更に 性別 年齢  ( 小学生以下・以上の怪我は忘れずに常に 慎重に成長発育に関わる )。それぞれステージの方向性に応じて治療し、最短リハビリします。

              人間構造体という全体的への影響から 専従業種も勘案し、動作汎用頻用程度、日常生活様式、より早期リハビリと回復に役に立つの生活指導します。当然ながら 痛みの原因は直接。間接に感染症の腫れと熱感に由来することで一過性の最も厳選適応の抗生剤 を最短期間の薬物を中心に使用します、画像診断も困窮、無菌性の大規模、多数箇所、大小関節、局所浮腫 と発熱は それぞれの惹起する理由を探究と排除に、注射と痛み止は無用です、それ以外は 内科系外科系を問わずに 根源の治療をします。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME