メニュー

院長ブログ 13

[2021.12.02]

 治療編    整形外科  & リウマチ関節痛

大小諸関節痛・滑膜炎・関節引かない腫脹・発赤熱感・関節膨張貯留液・拘縮・変形痺れ ・安静動作痛・握り歩行の行動制限制約 ・天候気象連動痛  ( 新鮮症例 陳旧症例  寛解活動期・術前術後・難治症例を含む )                

基本的に関節腔内に注射しない、関節液も抜かない。軟骨消耗の理由と 関節腔内液溜まる誘因 と排除の治療中で追及する。 

      整形外科      リウマチ関節症  ( 炎症・浮腫 ・熱感 ・関節筋腱痩せ 変形固定  動作困難 歩行困難  安定期 活動期 固定期 細胞からの視点より )

  🥬 人体約60億細胞の内に、中腔内臓を除けば、残りに全ての支持構造体に、骨、筋肉、腱、末梢神経を対象は 整形外科になります。また 整形外科のカバーする領域は 勤勉と努力する日本はドイツと並んで気質が似てる国同士に多いに関係性があります、家族を大事にし お仕事に真面目、研究熱心 、周りに思いやり 、評判評価に気にする行き過ぎくらい気遣いで意に反して、しばし交感神経に連動して過度な筋膜筋肉収縮、肩凝り、頭痛、腹痛、腰痛。世界では 優秀な素晴らしい国だけに 共通して切れ目ない人生に 気持ち身体も心身共に 疲れなりやす環境にあります。 共通して 世界他の国の人々に比して頸肩痛と腰痛が多い。また産業革命以降に 精密さを要求する仕事に、近年IT変革に、上半身は頭痛 肩凝り 頸肩腕症候群 指の痺れ痛み。下半身は背腰痛 鼠径・会陰部・股関節・太もも・膝・足のゆび(痛み、違和感、しびれ)、整形外科に関する主な病気の治療対象は 優れた建築家に例えば 人間構造体の補強と修繕、リハビリティッシュンは構造体の正常化と維持に 。 冒頭に 勤勉と真面目の気質の方に まだらの頭痛 肩凝り 腰痛においては 気持ちの沈下消極・調落と精神的昇華に症状を生じることありまして、漢方に得意の気分障害持ち直し尽力に、当クリニックは 本人が 実感する症状以上に、治療の際には、尚更 いつも気持ちの共感共鳴支援に不可欠にあり、より実感完成度に近づくになれます。

   対象症状

  • 頚痛・肩凝り・腰痛など急性 慢性的な痛み
  • 肋間神経痛・受傷した記憶のない胸 側胸痛、画像診断に見いだせない痛
  • 事故や寝違えで急な頸部や肩に激しい痛みを伴う諸動作制限
  • リウマチ関節炎、関節痛 関節腫脹 繊細動作不全  気象連動痛
  • 腰・背中の症状(痛み・しびれ・違和感)ぎっくり腰など急激なファシア間の擦り合わせ不全に限局された神経終末筋肉痛
  • 過度な伸展や圧着をうけた支持筋肉群の張り浮腫
  • 受傷理由も思い出せない 画像診断も難儀の背・腹・側胸・胸に局所激しい痛:肋間神経痛や 開胸術後胸痛、リハビリ
  • 上下肢や手足のしびれ 
  • 手根管症候群  指が曲ら無い  腕関節が曲らない ・ 曲がり不全  術後に曲がらない・リハビリ
  • 筋力低下・腱筋肉委縮( 貧用・廃用 )
  • お尻や太ももが痛む
  • 便尿漏れする 制御不全 勃起障害 ( 骨盤底筋機能不全、支持筋群の貧用・萎縮   )子宮脱、肛門脱、内外痔核症 
  • 偽痛風関節痛  筋繊維痛  症状固定痛 遊走痛 
  • 偏頭痛 顔面痛 非歯性口内顔面痛 関連三叉神経痛 
  • 続発性 随伴する背腰痛から頭痛 肩凝り
  • 体表非顕性帯状疱疹後神経痛
  • まだらの腰痛症 肩凝りは 気持ちと精神的格闘消耗状態の延長にあります、以前から指摘された::: 脳ー腸相関、腸管・腸管膜蠕動・腸管血流循環調節も脳に劣らずに、全身の神経指令共同体でもあります。過度なストレスなどで 鬱も難治性腸管疾患も相互に影響し合います。     少数ながら臨床に 忘れて 片づけられてガチにあります。

病気・病状・治療

変形性リウマチ関節痛 腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰椎すべり症、腰椎分離症、頚部・腰部脊柱管狭窄症側弯症などの腰椎や胸椎の病気。

        🏃‍♀️  治療は 直接痛か  続発痛か 常に原因と病巣を念頭に、往々に初発時 朝から手の第二関節に覚えのない浮腫に続き痛み、この病気は女性になりやすい傾向にある、特に浮腫期病態より痛みと機能不全の解消に 努めます、病巣指先趾先ではなく、近位求心性即効性の神経ブロック局所循環改善、機能修復 、日常的に必須機能の良肢位の固定、自宅でも 再発予防に助言、 目標はできれば 初診時にからつらい症状を改善寛解し、悪化する直接理由と寛解する理由を 可能な限りに分析して、細胞の安静療養に どなたも早期治癒力と自信に繋げます。                  

院長ブログ 22連動

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME