メニュー

院長ブログ 1

[2021.07.14]

                    医療の世界に

     半世紀を超え 学習・研究・教育・指導・診察・治療のお仕事を させていただいてます、たくさんの方々は良くなりましたが よく思い出すのは 数々難しい症例に、臨床医としては なんとしでも 患者が納得するように 寛解 治癒に導く あらゆる可能性を否定せずに 共に 努力しています。
     すべてのお仕事を遂行においても 同じ流れにあると思います中に、行き詰まりに 現場に戻れ鉄則があります。 人体においては、病気を形成する理屈は 天文学的数字ほどにありまして、そうそう簡単には できかねます、常に難問難儀の状態にあります、
   私達は 長年に 臨床現場対象を 人間細胞機能の日常適応修復能力だけ に絞り絞り込、 病気病態症状を 固有普遍の診察過程と違って、逆俯瞰、すなわち毎日遭遇する病状経過を逆にして 細胞の芯 もしくは終末から 凝視めます 、その結果で病気の治癒プロセスを近未来像も浮かび出し、中間点たる治癒値をその前とその後にもたらす予防治療順次と予後リハビリに計画的に安定巡航に繋がる、その為に医師も直接リハビリ手技介入、一貫性を務めます。

        人体構成の最小単位の細胞に、細胞の気持ち、細胞の自律役割、細胞新陳代謝、細胞間の情報伝達、細胞膜微細電位、人体内SGDsの循環応用、細胞を取り巻く環境から 病気の 根源研究、早期に離床できるようになります、^_^ かつ 効果持続の治療に挑み続けてます、 緑クリニック医院の規範姿勢・治療はピンポイントに。 気象ヘットパスカル気圧、春夏秋冬、乾燥湿気、高地平野、暮らしに直結生活習慣、社会通念風習活動、宇宙中の一員に男女成長発達生理現象、それぞれが 病態の姿を背景を形成することから、診断治療活動に、丁寧に集約し、憂鬱な梅雨空の隙間に 一抹の晴天を照らす。 [1]

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME