メニュー

医院長 ブログ 45

[2022.11.05]

整形外科に なぜ 総合診療もか

  日々日々日常外来に 難治疼痛を伴う症例に 急性期を除けば、主訴の背後に沢山の深い潜在に病因、難治性を支持ないし増悪根源あります: 小児期に未発見側湾症を筆頭に、この病態を理解構成する内容はいわゆる各科横断する共通相違点々に埋没している。。。乳幼児期からの咬合不全は顔面歪み形成、側湾症誘因、成長期以降に頭重 頭痛 めまい 肩凝りを 頚部胸部腰部に 瀰漫性疼痛の伏線をできれば 立て横断する共通性の総合診療の目線と治療手技と綜合処方総合対応、変化激しく成長発育期に動的要因おける将来像完成形インメジを含む、絶え間なく努力に理想完結に近い構想を提示日常診療に。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME