メニュー

院長ブログ 18

              R e habilitation 考

院長 ブログ 31(2022.06.10更新)

       初動    

  慣性 感性 歓声を引き出す前に ・・・思考 体力 余力残っている内に ・・・素早く行動 継続と 持続 をいかに

    医療と消防 は   いつも一心同体にあります、救急車と消防車は出来るだけ同時に出動如く、" 初動 "は如何に 全身全力て 消火消炎に 出火発症原因探究に鎮火本治療、延焼波及排除に後遺症状と慢性化阻止に 、渾身の意志行動を 身体機能 健康寿命を伸ばそう 延ばそうに軽減予後提案実行する、

 不慮の事故、病気に罹患に、程度にはよるですが、病気の波及動態は 大別して⇒ 急性期、慢性期、とその間に亜急性期、、、。楽しくないのは だいだい機能障害に伴い慢性経過中に 急性発症増悪期。不本意ながらの 病源を直視せず、ないし先送りに過重鎮痛薬で経過、不安定、不完全病態残存のために、増悪出現の誘因にあります。  後者になればなるほど根幹に関わる深刻な重症になります。

     初動に 直ちに、正しい行動なきした漂流懐痛難民は、ほんの氷山一角だけ取り上げられ、喫緊に介助を要する難病者に混じって介護の長列に並べられにを 真剣に考えなくではならないに有ります。

     弊院は 一期一会ご縁を大切に、それでも、どなたにも良くなる権利有すを信じ、確実医療は進歩し続けてます、個人の人間の尊厳を守り、修復回復、介護予防回避時間かけてに近道努めます、修練思案、計画を建てて臨床臨む。

     外来期は 病院期とはかなり違って、無為諦めはとっても簡単だが。ただ一度だけの人生と人生観に応える、消長気持ちをよそに、ご家族とご本人の得意分野や残存機能、再生再起への願望気迫と時短応用、三位一体より現存知恵に本人様渇望と家族様献身的支援次第に 他道存じません  。

院長 ブログ 30(2022.06.10更新)

   むち打ち  頚椎椎間板症  頚椎ヘルニア 頸髄性頚椎症 不本意による労務作業交通事故後 

頚部に由来諸症状・頚椎症・肩・腕・指先 の痛み しびれ 更に 誘発頭痛 頭重感 耳鳴り 聴覚過敏 耳閉  鼻と耳の通り道にスースー感の耳管開放症👂

  頚椎・肩・上肢・肘・手・指の病状は多彩です。当院に来られる患者様は、ほとんど 急性・亜急性か慢性化しています。より頚椎由来す頭痛頭重 胸部圧迫類似心臓症状や 腰痛へ波及 散見されます。

  程度にもよりますが、目覚め 朝起きた時に、身体重い、頭重頭痛、手や足腰にしびれ、冷感、むずむず感などの初期症状があり、姿勢を変えるときに電撃痛が走る、時に涙が出るぐらいに苦しい痛みがある、トイレでの排尿・排便に力を入れると放散痛が出現する、また咳やくしゃみ、笑いで痛みが髄液圧に連動 誘発 放散されるなど、非常につらい症状を多くの患者様が経験されています。

症状

肩・首の症状(痛み・こり・しびれ)

  • 頭痛
  • 首こり
  • 首の痛み
  • 肩の痛み
  • 肩こり
  • 肩の引っ掛かり感
  • 腕が上がらない、脱力感
  • 上肢の痛み・しびれ・・・

病気の種類

頚椎症、頚椎症性神経根症、頚椎椎間板ヘルニア、むちうち、五十肩、肩腱板断裂などの首・肩の病気

 ⛳️  弊院 治療  のポイント の要・・・

   症状部位患部は 単元、複合体、神経源性、血管源性、細胞源性、急性慢性、日常仕事習慣性を含む、多系統から集束した診察情報を治療計画に行動熱中に。

頚部に由来諸症状・頚椎症・肩・腕・指先 の痛み しびれ 更に 誘発頭痛 頭重感について 

頚椎・肩・上肢・肘・手・指の病状は多彩です。当院に来られる患者様は、ほとんど 亜急性か慢性化しています。

程度により、目覚め 朝起きた時に、手や足腰にしびれ、冷感、むずむず感などの初期症状があり、姿勢を変えるときに電撃痛が走る、時に涙が出るぐらいに苦しい痛みがある、トイレでの排尿・排便に力を入れると放散痛が出現する、また咳やくしゃみ、笑いで痛みが髄液圧に連動 誘発 放散されるなど、非常につらい症状を多くの患者様が経験されています。

症状

肩・首の症状(痛み・こり・しびれ)

  • 頭痛
  • 首こり
  • 首の痛み
  • 肩の痛み
  • 肩こり
  • 肩の引っ掛かり感
  • 腕が上がらない、脱力感
  • 上肢の痛み・しびれ・・・

病気の種類

頚椎症、頚椎症性神経根症、頚椎椎間板ヘルニア、むちうち、五十肩、肩腱板断裂などの首・肩の病気

     ⛳️ 当院で 治療   のポイント 要・・・

症状部位患部は 単元、複合体、神経源性、血管源性、細胞源性、急性慢性、日常仕事習慣性を含む、多系統から集束した診察情報を治療計画に行動熱中に。

    ⇒ 初発から 本人にとって日常生活様式に応じての良肢位固定(@治癒に早期脱出導くに予後に左右とっても大切な維持指導)、姿勢矯正睡眠、起居、仕事を含む指導、症状重症度多彩なほど、当日より病巣病源に 鎮痛除痛時短神経ブロック、減圧牽引療法、良質肢位修復ゆる固定安静、浮腫 熱発 腫脹痛 微細循環開導保全 優質マッサージ、在宅療養復帰活性化指導、薬物療法を遥超えに、徒手手技能を活かして、自立正常位に近づく超期除痛温存治療、病源の解放に集中集約を最優先に、語らずでも 笑顔はすべてです。

 

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME