メニュー

院長ブログ

院長ブログ 5(2021.09.05更新)

       帯状疱疹 と 帯状疱疹後神経痛

   以上の病態はかなり知られるようになります、特に最近にテレビで、盛んに帯状疱疹ワクチンのの効果も薦められ、かなりの関心を持つようになりました。古くて新しいのは、昔から怖ろしくされてる激痛、いつまでも皮膚表面に発疹出現する前から発疹終了したいても痛み続ける。

  ☘️・ 顔帯状疱疹前後神経痛 (頭のてっぺん 髪の毛根部・顔面・躯体 四肢)  このつらい、激痛を満ちた病気の取り込みと治療実地経験は四十数年を越えます、遠路から沢山の方々が来院してます、大学病院時代と同じく、鋭意にこの特殊神経痛として対応し、大いに支持されてます。 三人に一人の発病率、広範囲で10代〜90代に50才代から急速上がり、70才代にpeakを迎い、好発部位は背後、胸部、腹部、頭部、下肢、赤い水疱疹発疹と範囲はいずれも類帯状で、片側だけで、体の片半身を超えないの特徴を持つ。のれは水疱瘡ウイルスは背中の片側旁脊椎神経節に潜む、疲れや重病化、免疫力低下の時に再活動発症。この恐ろしい痛みは、顔面やてっぺんに発症した場合は手で自分の髪の毛に触れない、耳が痛いし、瞬き(まばたき)や表情づくりに難儀、胸部、側胸部と腹部になった場合は、咳痰とくしゃみに激しく激痛を誘発する、笑えもできない。治療に大変、抵抗、長期化なりやすい傾向にあります。    

     帯状疱疹後神経痛を制する者は、ペインクリニックを制すると言われる程にあります。私は、いかに素早く治療に ピンポイントに時間かけずに、発疹の初期から関わり一貫して対峙して仕事しています。皮膚科、内科、耳鼻咽喉科、ペインクリニックの連合した診断と治療になります。早期発症して来院の方は好転しやすいですが、陳旧例も その他の病気と同じく、回復に鋭意にあらゆる選択肢を取り入れて 治療します。

     特筆に 当クリニックは  大小手術を司る病院の麻酔技術の応用に 蘇生、救急救命の業務に あらゆる痛みを制御、鎮静、身体から除去すること 開業にあたり 、治療に確実性と時短に繰り返し改善されて 、一般の常態にとらわれず、改良された即応短時間単位の神経ブロック処置終了後には、すぐに安全に離床できるようになります、これを可能にするには、綿密の診断と経験に最小限範囲内でのピンポイント治療で成り立ちます。合わせて術後素早く同時にリハビリティション強みでもあります、に 専門職であります。

 

 

HOME

ブログカレンダー

2021年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME