メニュー

首・肩の症状(痛み・こり・しびれ・随伴する自律神経失調状態)

頚椎症・肩・腕の痛み について (頭痛 ・肩凝り)

   脳や脊髄の中枢神経と末梢神経に近い部位にあるために 、頚椎・肩・上肢・肘・手・指の病状は常に多彩であります。

   通常に重い頭を常に直接に軸椎を含む7つの頚椎で支えてます、他の椎体よりも前後左右上下に回すに可動性は良いが  首は局所解剖学的に 身体他の構造体よりも細く:上部に約7キロ頭 と下部に胸椎に接し、内腔には支持筋肉腱群 頚椎椎体に脊髄 脳神経 脳動静脈 食道咽頭 喉頭気道をぎっしり包有する、生命維持するにとっても大事な通り道ではあるが、整形外科の観点から力学的には弱くて脆い、人類の進化に文明の発達に 頚椎形態の負担が一層のし掛かられ、日常生活にあらゆる活躍過ぎるぐらい場面に相当する。全年齢層の自力他力 内力外力に影響受け易く宿命にあります。

    外来に訪れる方々に 腰痛、肩凝り、頭痛の順位にあります  、痛みの部位箇所こそ違いありますが  診察診療は包括的に後頭部 首頚椎部 肩部の状態を常に把握して欠かせません。当院に来られる患者様は、多くの急性打撲・捻挫・浮腫・簡単に治療固定鎮痛に 直ぐ帰宅する症例以外には、ほとんど 亜急性か慢性化した症状にあります。 発病経過時間を過ぎた為に 難治性形態になります、その為により一層丁寧な問診 触診 一連の神経学テストに  残存筋腱・随伴反射テストの必要になります、真剣に治療を求める方には 共に諦めずに努力します。         肩凝りが強く しばし  頭痛を誘発し、四肢反応性筋肉腱萎縮、 側弯、 運動機能低下不全 、準介護状態にもなります。

   また、さらに闘病期間生活長く、痛み・機能不全だけでなく 冷えのぼせ  冷汗動悸 めまい イライラ 失眠  飲み込み辛い 、ショクリ 食欲不振、自律神経系失調 の症状が併存し、これは狭い首頚椎部の中に同じく通る脳神経10番目の迷走神経下降枝の走行範囲に一致して口腔 咽頭喉頭 心臓気管支 食道を包む縦隔壁腔をヘリ  胃食道噴門部に横隔膜張りまくり支配する為に 惹起られ 随伴病状として 私は説明しています:交換副交感神経失調に同律に 多愁訴症状は各専門医科別に横断的広く渡って呈す、   煩雑だけに時間を要します、分析集約して多岐に総合的治療に携わるようになります、一般の基礎医療に加え 得意分野の東洋医学漢方診察治療に、患者様に評価されています。

 

症状

  • 頭痛
  • イライラ・肩凝り
  • 眼精疲労・易疲れ・動悸
  • 耳鳴り
  • 首の痛み
  • 肩の痛み
  • 肩こり
  • 肩の引っ掛かり感
  • 腕が上がらない
  • 上肢の痛み・しびれ・背痛
  • 頚部脊椎管狭窄症

病気

頚椎症、頚椎症性神経根症、頚椎椎間板ヘルニア、むちうち、五十肩、肩腱板断裂などの首・肩の病気・ 失眠

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME