メニュー

脳梗塞の診断・治療 ・人生航路途中に 故障をバネ創すに、早期リハビリ弊院は 得意分野を活かし、通常通り治療方法の慣行一線引き、隙間と谷間を埋める、細胞代償活動能力治療リハビリ、早期病院後に併走 ::: 心身体力を持ち直し、個々の個性、得意技能機能、残存機能補強、仕事慣行能力賦活、新なる元気生への願望に 患部細胞病源に 直ちに廃用自発痛、膠着硬直" しっかり除痛 "してから 良肢位・利便性を 微細循環、大小関節、滑包、筋腱膜、起立扶助筋群に 先ずは 自力で トイレ行けるように➕ 現存以上ツール駆使重点再度構築ケア 、 これはリハビリですに 応えになられば 。

脳卒中は、脳の血管がつまったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなり、細胞が死んでしまう病気です。
一度大きな発作が起きると、その後にマヒや言葉の障害などが後遺症として残る恐ろしい病気です。
発作する前に、CTやMRIなどの検査によって、兆候を発見することができます。
また、脳卒中になりやすいタイプも分かってきています。

下記のような方はご注意ください。

  • 大量飲酒が常態化している
  • たばこを吸っている
  • 動脈硬化、LDL高値
  • 運動不足
  • 肥満
  • 味の濃いものが好き
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 心臓病(不整脈など)

予防・治療

先ずは、健診などで脳梗塞のリスクをチェックします。
血管が詰まるリスクの高い方は、血栓をつくりにくくする薬をを処方いたします。
また、既に動脈硬化(血管が硬く、血液が詰まりやすい状態)がある場合は、手術になる場合もあります。
脳梗塞は、日本人の死因でも上位に来る恐ろしい病気ですので、発症する前に、諦めたくない、弊院は 当日から 直ちに 方向性治療に 。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME