メニュー

脳卒中について 脳卒中後は リハビリだけではない ☆ 最も大事

神経細胞は 神経細胞は 再生する

   脳卒中の重症度はピンからピリまでありますが、自覚症状も 元々は感受性よりまちまち::: 代表的な半身不随、部分的不随、不随意運動、つまり意筋は 意志を反して動かない、そこで   殆どの方々は 急性期の治療療養を終えたら、早期脱出を図り、現存治療方程式に従って病気の回復をねがいつつ、リハビリに励むに所定のメーニューを消化する、、

    しかしながら、これらのすべては当院の救済対象、不全麻痺、不全痛覚症状、痛み、六感脱落、感情起伏、抑鬱失眠、前途悲惨無力無為、更に特定部位に" 瀰漫性激痛 "に 身体の置き場所なきに 漂う喪失感。いわゆる、一般的に不本意にも通常標準レールから脱伍脱落した方々に以上の病態や症状の治療方向性を理解し直視、いかに、すべての知恵と情熱を集積して、起死回生、気迫を込める。

   @

法、不遇不具合の代弁に

脳卒中は、たばこ、大量飲酒や運動不足などの生活習慣の乱れから起こりやすい病気です。

また、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの病気・症状のある方もおこる危険性が高いと言われています。

脳卒中の予防

当院では、脳卒中を防ぐため、病気や症状を抑えるための指導や薬の処方をしたり、生活習慣についての指導を行っています。

脳卒中は、日本国内において、がんに次いで死亡原因の高い病気ですが十分に予防が可能ですので、ご自身の生活習慣などが気になる方は是非当院にご相談ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME