メニュー

耳の症状(中耳炎・耳鳴り・難聴など)

ああ耳  耳鳴りや難聴、耳に異物感や痛みを感じたり、耳の聞こえが悪い(難聴)といった症状があります。その症状によって耳閉・鼻閉などを起こすこともあります。外来を受診にされる方は赤ちゃんから加齢者 0才からすべての年齢層を包羅してます、聴力を含む嗅覚 味覚 触覚 視覚に何らかの感覚欠落の方は 程度にもよりますが 日常生活の仕草はそれなりに現れています、六感の脱落は行動に投影して呈してます、聴力低下された方々は 共通して会話の声は大きいだけでなく、会話の相手に自分が発した言葉は確実伝わったかに 不確実さが自分なりに不安げの顔貌にしてます、良し悪しは別として 本人を中心に 家族を始め みんなが 相互認知不全になり、特に世界に冠する勢いに 私達の生活圏に 難聴を経年経時的に増え続ける中年 熟年 加齢者は沢山おります、 外来を受診の中に 身体と活動現認より高いかつ厚い年齢層は活発に元気にだけ、社会的巨大な損失と思います、治療と予防の充実は待った無しと思います。  クリニックは この状態においでも社会的容認する雰囲気 と加齢だから 諦め基調の中に、医療の積極的介入に 半世紀前から挑み続けっております、総合診療の中に、難聴 耳鳴りはよく遭遇する 立派な病状を認識してます中に、治療には かなりの壁に直面します、よく行う二つの基調検査: 感音性難聴か 伝音性難聴か 更に 血液検査 に CT MRI 、多くの場合は補聴器の世話になります。近年によく改良され 指向性もハウリングも 良くなりましたが  自然界の音とそれなりの強弱と響き慣れずに しばし 多くの場合にはタンスの中の閉まり貴重品になる。 

     耳の細胞分裂を辿れば 原始神経と同じく外胚葉から派生して 脳神経分類上で八番に聴力神経と平衡神経が混在ある、文字通りでそれぞれの神経支配して 生命活動の聴こえてと直立が維持されている、以上のことを踏まえ、聴細胞と平衡細胞を取り巻く環境に 増悪因子・改善因子・維持因子、、、を総合生命科学の立場から取り込みまして、拝見して ぜひ治して欲しいです 。

おもな症状

耳が痛い、耳がかゆい、耳白癬症 ・ヘルペス発疹 、耳鳴りがする、聞こえにくい、耳だれがする、耳から出血がある、黒い耳垢がでる、など。

耳の主な病気

中耳炎

中耳炎とは、耳管経由で中耳が細菌に感染しておこる中耳の炎症です。体外からは外傷性中耳外耳炎、体内からはアレルギー性鼻炎・鼻閉、扁桃腺炎に合併して、耳介 後部 頸部リンパ節炎 腫脹、発熱 頭痛。

多くは急性中耳炎といわれる痛みが伴うものです。

耳管の長さが短い 子供は中耳炎にかかりやすいと言われていますが、鼻やのどの風邪の細菌による、抗生物質の発達で 少なくなりました。

原因などで、大人がかかることもあります。

耳鳴り

耳鳴りとは、実際に外界に音がしていないにもかかわらず、何か聞こえるように感じる現象です。

症状が重い場合は、不快感や、不眠、理不尽な音と格闘、ときにうつ状態などの症状を引き起こす、体験したことないですから 予期不安 こともあります。患者の現状を把握 理解 寄り添いの気持ち、勿論 なんとかして 早期に 軽減、通常の生活音の中に戻れるように。難治だげに 小回りのクリニックは 総合診療 治療で一緒に努力します。

頻度は少ないものの、耳鳴りが初期症状となり、腫瘍や血管病変の原因となることもあるので注意が必要です。

難聴

    一般的に聴力が低下した状態のことを言います。または 耳閉状態、耳周囲圧迫感、多くの場合に肩凝り・鼻閉・頭痛・腰痛に併発す。(理解の概念は漢方の得意領域にあります)

     他者から見えない 表現しづらい 一言難聴と言ってもその種類や症状は、多種多様です。最近よく知られるようになったのが突発性難聴です。突発性難聴は予兆が無く、突然聞こえに障害が発生する病気です。殆どの突発性難聴は片側の耳だけに発生し、めまいや耳鳴りを伴います。適切な早期治療や安静が必要になりますので、上記のような症状が出た場合は、早めにご相談されましゃう。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME