メニュー

頚椎椎間板症・頚部脊柱管狭窄症 ・頚部に由来病気の派生→ 首・肩・肘・手・ゆび・バネ指 戻り辛い・腫れもしくは症状固定になった指・(痛み、違和感、しびれ)術前術後有痛関節発赤浮腫、偽痛風関節症、リウマチ様関節症、リウマチ関節炎、重症度生活活動歩行困窮 。

頚部に由来諸症状・頚椎症・肩・腕・指先 の痛み しびれ 更に 誘発頭痛 頭重感について 

頚椎・肩・上肢・肘・手・指の病状は多彩です。当院に来られる患者様は、ほとんど 亜急性か慢性化しています。

程度により、目覚め 朝起きた時に、手や足腰にしびれ、冷感、むずむず感などの初期症状があり、姿勢を変えるときに電撃痛が走る、時に涙が出るぐらいに苦しい痛みがある、トイレでの排尿・排便に力を入れると放散痛が出現する、また咳やくしゃみ、笑いで痛みが髄液圧に連動 誘発 放散されるなど、非常につらい症状を多くの患者様が経験されています。

症状

肩・首の症状(痛み・こり・しびれ)

  • 頭痛
  • 首こり
  • 首の痛み
  • 肩の痛み
  • 肩こり
  • 肩の引っ掛かり感
  • 腕が上がらない、脱力感
  • 上肢の痛み・しびれ・・・

病気の種類

頚椎症、頚椎症性神経根症、頚椎椎間板ヘルニア、むちうち、五十肩、肩腱板断裂などの首・肩の病気

 ⛳️  治療   のポイント 要・・・

症状部位患部は 単元、複合体、神経源性、血管源性、細胞源性、急性慢性、日常仕事習慣性を含む、多系統から集束した診察情報を治療計画に行動熱中に。

  ⇒ 初発から 本人にとって日常生活様式に応じての良肢位固定(@治癒に早期脱出導くに予後に左右とっても大切な維持指導)、姿勢矯正睡眠、起居、仕事を含む指導、症状重症度多彩なほど、当日より時短神経ブロック、牽引療法、マッサージ、正常位に近づく除痛温存療法、病源の解放に集中集約を最優先に、語らずでも 笑顔はすべてです。

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME