メニュー

🥬 外傷・内患において 生体反応の捉え方と神経ブロックに 大いに全身の治療に応用し 痛みの治療だけでなく 末梢領域の血流障害を排除し、組織循環再建再生に役に立つます。

    痛みの治療は多様性にあります、局所の腫れと熱感は内科的関連性を除外してから投薬し 全身又は該当部位に日常動作に支障の最小値に固定、安静に安定、急性慢性、年齢(     小学生以下・以上 発育に関わる)、人間構造体という全体的への影響から 業種も勘案し、汎用頻用程度、日常生活様式、より早期リハビリと回復に役に立つの生活指導します。当然ながら 痛みの原因は腫れと熱感に由来することで 抗炎症の薬物を中心に使用します、注射と痛み止は無用です、根源の治療します。数々痛み神経痛治療の専門職だけに、痛みドメの使用はいつも慎重にあります。

まず病気の本体の把握から始まります

 痛みと言う知覚は生体反応の異常信号に相当する 関連する部位の警告現象でもあります、

責任病巣は表在か深層、直接か間接、一次か多次元かに、中には慢性化、持続した難治症状の治療方針はより時間をかけ 対応しなければならない、木と森との関係の如く、まさしく生命体においても局所と全身との相関関係が基軸にあります。治療法の道筋であります。

 すべての神経は痛みを伝える又は感じることはありません、顔にきたす顔面痛は脳神経の一つである5番目にある三叉神経痛です、その神経細かい枝は顔のすべてやところに張り巡らせ、顔の感覚を司る、 病気の時は 特定の場所に独特に痛いです。 一方、顔面に違和感、しびれ感または表情作れず、同側口角水漏の症状があれば脳神経の7番目にある顔面神経によるもであります、同じく 顔に張りめぐられ 運動動きを司るので 痛くないです。 それぞれに主として知覚または運動を制御する機構であります。 また体内に最も太い坐骨神経は下半身の一部と下肢を支配しますが、知覚と運動の両方感覚を有します。神経に関することは、中枢性末梢性 複雑にあります、赤ちゃんから大人までに 予防接種に採血検査に治療に神経ブロックにも減痛部位あります、外来診療には大変重宝施用してます。        ☘️  ちなみに 大学病気時代と違って、年日に追って 重ねて 改善改良に  殆どの方々が嫌遠しがちの神経ブロック手法は   痛みを感じさせないに工夫しております、VASと言う痛みの評価基準値がかなり低い、勿論 通常採血検査の手法よりも痛くないです。

理由なき 安易に痛み止めに求められれば簡単ではありますが 、多いに良く理解と思考が必要です、

       よく理解者になり 現状を察し 気持ち寄り添いが大切だと思います。

 

 

 

 

神経ブロックとは、麻酔を用いて痛みを緩和させる治療法です。

神経ブロックには主に

  • 星状神経節(せいじょうしんけいせつ)ブロック
  • 硬膜外ブロック
  • トリガーポイント注射
  • 近赤外線照射

4つの種類があり、痛みの症状によってこれらを選択します。

星状神経節(せいじょうしんけいせつ)ブロック

痛みの原因となる神経線維の末梢神経や交感神経節に対し、局所麻酔薬を浸透させることで、神経そのものの機能を一時的に麻痺させ、交感神経を抑制し痛みの伝達をブロックします。

交感神経節ブロックとも呼ばれます。神経痛だけでなく顔面神経麻痺・突発性難聴・多汗症の治療などにも用いられます。

星状神経節は首の付け根付近にあり、ここには頭・顔・首・腕・胸・心臓・気管支・肺などを支配している交感神経が集まっているため施術の応用範囲が広く、神経ブロック療法の中では最もポピュラーな方法です。

硬膜外ブロック

硬膜外麻酔と同様の方法で行う方法です。硬膜は脊髄を取り囲んでいる一番外側の膜で、硬膜と黄色靭帯との隙間のことを硬膜外腔と言い、ここに局所麻酔薬などを注入します。

トリガーポイント注射

筋肉などにある痛みのポイント(圧痛点)に直接、局所麻酔薬などを注射する方法です。

一般的な麻酔注射のイメージです。

近赤外線照射

高出力の近赤外線を皮膚を通して星状神経節に照射する方法です。麻酔を使う方法より効果は穏やかですが、注射や切開の必要がないため副作用や痛みが無く、負担が極めて軽い方法と言えます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME