メニュー

気管支炎 喘鳴 気管支喘息 の診断・治療 予防

  • 原因

気管支炎は呼吸器疾患の一つで気管支の炎症の事を言い、急性と亜急性と慢性に更に慢性経過中増悪症 に区分されます。なにかの理由で終末気管支の内腔にアレルギー反応から多量に炎症性粘調性産物が分泌され 内腔が狭くなり 閉塞なり 自由に換気 ガス交換困難に落ち 危険な状態になる、 治療せず放置すると重篤な症状へ進行する事も多いので注意が必要です。

感染性(ウイルス、細菌)や有害ガス、匂い、味、飲み物、食べ物、埃、温度差、情緒変容などの刺激物や加齢・アレルギー素因、呼吸器系素因、遺伝素因、喫煙などが原因になる事があります。乳幼児学童期アトピー性皮膚炎湿疹 アレルギー性鼻炎 気管支喘息 

治療

起因又は誘因なる物質と環境を特定し、中長期では避ける事 ないし隔離はベストであります、毛細気管支内腔の分泌物の除去と抑制が急務、呼吸器基幹システムと気道通りの再建は不可欠であります。ネブライザー吸入療法などによる気道の浄化や去痰剤による痰の除去、鎮咳剤による咳の沈静化は 一般的ですが、気持ちいい散歩、呼吸法、自律神経調和法、体幹四肢皮膚刺激法、、、東洋医学 漢方製剤 胸郭換気賦活運動法など組み合わせで、なんとか再発予防に阻止に、また、禁煙指導などを行います。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME