メニュー

椎間板ヘルニアの治療・除痛・鎮痛・無痛化・温存方程式

椎間板ヘルニアの治療ヘルニアとは、体内の臓器などが、本来あるべき部分から"脱出"した状態を言います。体はなんらかの理由で過負荷を受けた時に全体を守るための逃避行動の状態を指す、代表的に椎間板ヘルニア、鼠蹊部ヘルニア、子宮脱、脱肛、又脱出先は組織部分的張力に弱くと受け入れ先に余地環境にあります。@@@ 治療の方向性は 減圧 です、当院は外因より免震減圧、内因より組織修復強化、初期中期、慢性期、慢性化ならないように、得意の先行減痛鎮痛除痛にあらゆる知恵集積手技から 、何方も臨まない手術回避に努めます。

一般的に多いヘルニアは、鼠径ヘルニア(脱腸)、臍ヘルニア(でべそ)、椎間板ヘルニアなどです。

椎間板ヘルニア

  椎間板ヘルニアは、頚骨、腰骨の、骨と骨のクッションの役割を果たしている椎間板という部位にある髄液が出て、神経を圧迫し、痛みやしびれをともなう疾患です。最も知られるのは腰痛下肢痛をきたすに腰部椎間板ヘルニアですが、頚部脊柱管狭窄症に並ぶ頚部椎間板ヘルニアを忘れがちにあります、頭痛、肩凝り、上肢肘手のしびれなど症状多彩な隠れた潜伏因子を常に念頭に治療します。

   🪀治療法としては、保存療法と呼ばれる鎮痛剤、けん引、温熱療法や、神経ブロックにより痛みを取り除く療法が一般的です。上記の治療で症状が良くならない場合は、内視鏡やレーザーによる外科的な手術をおこないますにありますが。出来るだけ避けたい努力を 当院の使命と考え、実践しております。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME