メニュー

捻挫・外傷・創傷・骨折の治療について 初動の転位阻止ための良肢位固定は とっても大事にあります、、また安静に安定は 予後を決定する今後の因子、すべては 受傷後に 廃用筋・廃用肢にならない為に努めます、

以下のような症状・病気にお悩みの方は ご相談されよう

捻挫・外傷・創傷・骨折の治療について骨折、靱帯損傷、捻挫(ねんざ)、脱臼、外傷、打撲、切り傷、すり傷、肋間神経痛 肉離れ、筋肉痛、出血、やけどなど。

  転位 とは怪我などで 骨折した個所に 骨断端同士の接合融合がズレを生ずることを指す、治癒困難な状態になり、痛みと機能障害に残る。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME