メニュー

口の中の症状(口内炎・舌痛症など)

口の中は、体表にある皮膚にくらべて敏感な粘膜で出来ている部分が多くあります。クリニックは 長い消化管の入り口にあると位置づけ、口唇・口腔壁・舌 の日常生活表現を全身健康状況として分類することで 病気の診断には大変重宝しています、舌そのもの色 大小 厚み 性状 出っ張り凹み 動き、  舌の上にある舌苔色 分布範囲 乾燥湿潤 の程度に 舌を確認知ることで  脈診と並んで  東洋医学には とっても大事な診断ツールです。諸内臓の外界に直接間接的に触れる入り口で 敏感にある粘膜の健康は直に素早く影響をうける、古代から人体も大自然と同じく春夏秋冬の四季移り変わり 昼夜 陰陽 温熱 寒冷 飲食排泄 新陳代謝 膨大な生命活動の刻々営みに 当てはめ よく知られている自然界の固有のインメージを 木・火・土・金・水に投影して体調のバロメーターとして 集約、それぞれ正常な状態、病気の状態を細かく分類: 系統のある医学書、他方 同じく自然界の流れを受けた 植物の根 幹 葉っぱ 花を中心に 治療用の生薬を分類して 病気に当たる。漢方の源流にあります。

口の中の病気

口内炎

口内炎は、頬の内側や歯ぐきなどの粘膜にできる炎症の症状です。免疫力や疲労が原因といわれる「アフタ性口内炎」、ウイルスなどが原因といわれる「ウイルス性口内炎」、刺激が原因といわれる「カタル性口内炎」などの種類があります。

原因や症状によって、治療法が異なりますので、まずは、当院にご相談ください。

舌痛症

舌に慢性的な痛みやしびれが生じる病気です。見た目は通常と変わらないことが多く、痛む箇所が変わったりします。原因等は解明されていませんが、症状を緩和するための薬物治療をおこなうことが一般的です。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME