メニュー

関節リウマチ と リウマチ関節炎 と類似疾患の治療

リウマチの治療  一般的にリウマチとは関節リウマチのことを指す場合が多く、関節の内側にある滑膜と言われる部分が炎症を起こして、関節痛や関節の変形などをおこす疾患です。原因ははっきりとわかっていませんが、自己免疫疾患の一つとされています。

  関節リウマチの初期症状として、朝に手を握ることが困難になったりする「こわばり」の症状がでてきます。昼頃には症状が改善していることが多くありますが、これが長く続くようになると、関節腫れに関節痛が起こるようになり、症状が進行していきます。さらに症状が進むと関節の変形等を起こすことがあります。気象連動型痛 特に湿度が影響してます、湿度70%超えや気圧の急激な低下で 症状が好発します。

診断・治療

  血液検査やレントゲン・CT等による画像検査にて、リウマチの診断をします。治療は抗リウマチ薬による投薬治療が一般的になっていますが。クリニックでは 関節浮腫・関節発赤や関節痛痛に東洋医学の得意 とペイン クリニック分野で四肢末梢循環血流を増やす 関節違和感緩和に可動域を増やす、手術術後の治療とリハビリを行うに共通の方向性を持つに多々あります。

  今のところ、関節リウマチとリウマチ関節炎は、根治は難しいものの、症状の進行を遅らせたり、痛みを和らげたりすることができます。できれば 早期の関節変化変形を避けたいです、

  早めの診断・治療が重要ですので、特に 朝から手の第二関節にこわばりの症状等がありましたら、他の 整形外科疾患との違いに ご相談されよう。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME