メニュー

関節リウマチ と リウマチ関節炎 と 類似疾患の " 環関節領域 "に急性慢性期の変性変形回避に 知恵結集を基に薬と手術以外の可能性を追究 、病巣複源積極治療と増悪阻止に そよかぜ 。

リウマチの治療      発想と実行

一般的にリウマチとは関節リウマチのことを指す場合が多く、関節の内側にある滑膜と言われる部分が炎症を起こして、関節痛や関節の変形などをおこす疾患です。原因ははっきりとわかっていませんが、女性に高温多湿、生活環境に近く水溜まり場と温暖差に多く見受けられてます、自己免疫疾患の一つとされています

  今頃、初夏から梅雨入りに季節、温度変動差、湿度変動差、浸透圧差、臨床生態細胞における順応適応、急変気圧加圧減圧係数差に、免疫活動暴走、水分子移動アクアポリンに生体制御困窮に  つらい病状の治療に努力。

    関節リウマチの初期症状として、朝に手を握ることが困難になったりする「こわばり」の症状がでてきます。昼頃には症状が改善していることが多くありますが、これが長く続くようになると、関節腫れに関節痛が起こるようになり、症状が進行していきます。さらに症状が進むと関節の変形等を起こすことがあります。気象連動型痛 特に湿度が影響してます、湿度70%超えや気圧の急激な低下で 症状が好発します。

 弊院で 診断・治療、細胞レベル視座内外渇望に 応じ、🪀内科内因、🪀躯体支持関節構造矯正温存整形外科、🪀消炎浮腫減圧鎮痛除痛ペインクリニック、、、学会奨励多次元現存同時連携に当たる、待ったなし養生要件局所環境喚起実践 。

  血液検査やレントゲン・CT等による画像検査にて、リウマチの診断をします。治療は抗リウマチ薬による投薬治療が一般的になっていますが。

  当院クリニックでは 病名を提示されてもに決して めげずに諦めしません、治療の方向性は一線を引いて、直に辛い関節有熱腫れ、痛みなど不便の高い順位から手をかけます。合わせて悪化予防のヒントを教授しますに尽力、関節浮腫・関節発赤や関節痛痛、免疫力賦活に東洋医学の得意 とペイン クリニック分野で四肢末梢循環血流を増やす 関節違和感緩和に可動域を増やす、手術術前術後の治療とリハビリを行うに共通の方向性を持つに多々あります。

  今のところ、関節リウマチとリウマチ関節炎は、根治は難しいものの、症状の進行を遅らせたり、痛みを和らげたりすることができます。できれば 早期の関節変化変形を避けたいです、

  早めの診断・治療が重要ですので、特に 朝から手の第二関節にこわばりの症状等がありましたら、他の 整形外科疾患との違いに ご相談されよう。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME