メニュー

メニエール病・メニエール症候群・浮遊病・めまい・目眩・難聴・鼻閉・耳鳴り・について

メニエール病 【先進治療方針・療養方法を含む】

メニエール病とは、激しい回転性のめまいと難聴・耳鳴り・耳閉感の4症状が同時に重なる症状を繰り返す内耳の疾患です

症状

メニエール病の病態は、いつも同じではありません。病気の経過は以下の第3期まで分けることができます。

初期

閉塞感や低音性難聴、耳鳴りです。初めはこれらの症状が出たりおさまったりしていますが、何度も繰り返し起こしているうちに、めまいの発作を起こすようになります。

活動期

めまいなどの発作を繰り返など、非常に重い症状が現れます。多くの場合、活動期は2~3ヶ月になります。長いと1年ほど続く場合がありますが、その後は季節の変わり目など、数ヶ月に1度の間欠的にめまい発作が起こる、間歇期に入ります。

慢性期

難聴や耳鳴りがでます。もちろんこれにも個人差がありますが、例えめまいの発作が起こらなくなっていても、激しい発作がトラウマになっていて、運転にままならぬ、外出がこわくなる人もいます。日常生活に支障多々あります。

治療 🅰️

    薬による治療が主に行われ、めまいを軽くする抗めまい薬や、内リンパ水腫を軽減する薬が使用されます。 あまりにも頻繁に起こって仕事ができないような時や、難聴の進行を多方向でアプローチします。

治療 🅱️

    初発、発作繰り返しの方に、積極的治療の満足感に、来院時から要求されます、このモヤモヤ・くらくらする、気持ち悪い症状を一刻も早く取ってやりたい、    めまいの誘因多い順から アプローチに、神経ブロック、マッサージ、理学療法、安静に安眠に、合わせて、よく支持される 東洋医学に基づく対象療法に、漢方薬物療法。総ては、速攻で即効性を要求されます。勿論、随伴症状があったら、あるいは、この先に 起きうる耳鳴り、悪心嘔吐、頭痛、肩凝り、身体動揺浮遊感、そして何よりも、不安、失眠の治療と受け入れやすい自宅療養支援プログラムも伝授することは、長らく続かないように、再発を止めるに当然にあります。は直接起こした理由以上に、傷ついた細胞環境修復に、誘因を阻止することをなによりも不動立場にあります。

    潜在症状、近在症状を苦しむ患者様はたくさんおります。中には、先天的素因、後天的環境、仕事、勉学、姿勢、交通事故後、突発性難聴、耳閉、鼻閉、副鼻腔症候群、精神心療内科的、有形無形、直接間接、膨大な患者数に膨大な学識、経験値を必要にあります、そしてなによりも取り込む姿勢熱意を双方に求む、慢性化・長期化移行しない為に、総合診療に総合治療に余念ありません。

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME