メニュー

イボの治療・疣贅 (ゆうぜい)の治療

イボの治療イボは主にウイルス感染が原因で発症します。皮膚の免疫が落ちている方がなりやすく、アトピー性皮膚炎、多汗症、その他に湿疹のある方は注意が必要です。

イボを伴う疾患

以下が、イボができる皮膚疾患の一例です。

手足のイボ(尋常性疣贅)

足の裏のものは”たこ”や”うおのめ”と間違える方も多いのですが、パピローマウイルスによる感染症ですので、放っておくと拡がります。凍結療法(液体窒素でイボの下に水ぶくれを作る方法)を中心に皮膚を腐食させる軟膏の外用も併用して治療します。

老人性イボ(老人性疣贅)

加齢に伴って発症する良性の腫瘍で、高齢者に多く見られます。色は、薄茶色から黒色まで様々で、顔や体、手など、手のひらや足の裏以外の全身のどこにでもできます。

みずいぼ(伝染性軟属腫)

軟属腫ウイルスによるウイルス感染症で、お子様に多くみられます。小さな結節をつくり、典型的なものは中央におへその様なくぼみが出来ます。多くは、放っておくと増えるため、専用のピンセットで一つずつ摘除します(痛みを伴うため、ご希望があれば事前に局所麻酔のテープを貼ります)。

アクロコルドン・スキンタッグ(首のイボ)

首や腋かに中高年期にできるイボは、主に線維腫と言われる皮膚の良性腫瘍です。放っておいても悪性変化はみられませんが、見た目や触った感触が気になる場合は治療の対象となります。

治療法は、小さなハサミによる切除や、液体窒素による凍結療法、C O 2レーザーによる焼灼です。

    皮膚は内臓の鏡とよく言われる、化粧はキャンパスという皮膚のうえに 重ねて塗布します、美容の観点に社会活動に 大変大事と思います反面、皮膚固有の皮膚呼吸に大なり小なりに影響を与えます。皮膚の表面に艶、潤い、毛根汗腺、皮下脂肪、毛細血流、血色、温度、精神状態を含む、健康のパラメーター、自覚的も、他覚的にも常に評価されてます。また 皮膚は全員を覆う最大の免疫の場を有す、中に顔面、首、両手足は中心から遠位にあります、表情筋に合わせて、正常と非正常の診断治療に、役に立つます、医学の中で、特に東洋医学の望診を初診からとっても重要しております。    表面の治療と深部(根幹)の治療方法に 漢方薬剤が多いに役に立たます。

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME