メニュー

ほくろの除去

ほくろの除去良性のあざです。大きさは様々で、色は褐色や黒色をしています。やや大きめのものは黒あざとも呼ばれます一般的な内科の病気、病気は簡単複雑ありません、風邪は万病の元と言われる様に 、症状の醸成とこれからの展開を予見しながら計画的経過を心得で診療に臨む、その病気を診る鑑別基本診断に内科的手法、不足あるいは早期治癒には外科的治療法も取り入れて精進する、病院クリニックの特徴能力にもよりますが、総合診断と治療は合わせて同時に行動に移るに、時間軸から見れば 優位なるかも知れません 。

ほくろが急に増えたり、炎症を起こして赤くなる、出血するなど変化があった場合は、悪性黒色腫の可能性があるので、早めに受診してください。

  後天的ほくろ、瀰漫性しみ、色素沈着、疣贅( ゆうぜい )、シワ形成、乾燥肌、艶落ち、常態便秘下痢、ふらつき、めまい、常態熟眠障害、体内から解毒作用が低下と考えられ、化粧外用だけでなく、身体の元気さと新陳代謝ホルモン、気持ち精神 、生理サイクル、皮膚全般に関する併せて漢方療法も提案します。リハビリ、セルフケア・マッサージ療法を希望に伝授します。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME