メニュー

にきびの治療

  1. にきびの治療   にきびは、皮脂が多く分泌される部位(おでこ、頬など)にできやすく、毛穴がホルモンと細菌と皮脂の相互作用によって炎症を起こす疾患です。

   皮脂を分泌する毛穴が詰まりにきびができ始めます。その後、詰まった毛穴の中に乾いた皮脂や角質(死んだ細胞)がたまります。、この状態が黒ニキビ(毛穴が開いて中身が見えている状態)まや白ニキビ(毛穴が閉じている状態)と呼ばれる状態です。進行すると毛穴が破れ中身が流れ出し、ピンクないし赤い外輪山を帯び黄色ニキビにへ炎症が広がる場合があります。その場合は皮膚の深い部分を傷つけてしまうため炎症が治っても痕が残ってしまう場合があります。

原因

アクネ桿菌(皮膚に存在する皮膚常在菌)という皮膚に常駐する細菌によっておこるとされています。アクネ桿菌は、脂腺の奥に生息し皮脂を好むため、詰まった毛穴の中の皮脂を栄養として過剰に増殖し脂肪分解酵素を分泌して皮脂を遊離脂肪酸にし、にきびをつくります。

また、必要以上に化粧品などの使用で毛穴を詰まらせて、にきびを悪化される場合があります、湿疹形成三角説明されよう。正常皮膚呼吸の良い状態を把握・維持しましょう、

治療

    各年代にわたり 症状もステージも多岐に分かれ、外からは一過性の抗酸化物質の塗布やアクネ菌の殺菌、過度な紫外線曝露反応、体内から皮脂分泌の正常化、便秘・下痢 、ストレス、神経不安定 、生理不順  、ホルモンアン・バランス ・摂食消化障害など症状に合わせた提言 治療を行います。放置されますと、皮膚新陳代謝阻害され 浮腫 痕と色素沈着が残ってしまうこともありますので、症状がひどくなる前に、お早めに丁寧に処理されよう。    健康の身体で 健康の皮膚姿容にある、増悪因子 ・改善因子 ・維持因子を把握し 全人的なケアに 努めます 。    又  皮膚は最大の免疫力( 場所)を有し、昔から皮膚は内臓の鏡です、東洋医学漢方学問においては 美容論以上に皮膚は全身の臓器の一つとして大事にしている分野です、得意領域にある 。頭髪、顔面頸部四肢末端いわゆる身体の遠位にある露出部位別に、気象生活活動の順応応答にそれぞれの特性尊重し治療方針、耳鼻咽喉科の鼓膜も外皮の延長を含む皮膚は最大の神経終末を有す、感覚集約脳中枢部に昼夜なく情報伝達にレーダー最前線基地、美容以上に生命維持、自立体調維持・治療の入り口に位置するこ私は実践大切にしてます。( 大事な最大面積を持つ臓器です、生理的熱量機能細胞組織循環順応曲線を賦活温存、贅肉 •シミ •イボ •皮膚トラブル いわゆる丁寧にケアする•磨き方は個々次第にあります )

  建物を綺麗に維持するために、水漏れやクラークひび割れに加え経年劣化対策、特に内部と中間部外部に絶え間なく修繕保養の繰り返し如く。自然劣化を含む漢方理論値概念に近い、気血水巡り内在の美の保養に継続、生命活動全体全身本流に逸らさず治療は目を配ります 。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME