メニュー

たこ・ウオノメの治療

たこ・ウオノメの治療たこ・ウオノメは、足の皮膚が圧迫されたり、繰り返し摩擦を受けることによって発症します。

たこは、皮膚が厚くなり固くなるだけですが、ウオノメは固くなった皮膚の中央に芯ができ、痛みを伴うようになります。

たこやウオノメができる原因の多くは、靴が足に合っていないことです。また、靴底が薄かったり、ヒールの高い靴でもたこやウオノメができやすくなります。なるべく自分の足に合った靴を選び、足に負担をかけないことが大切です。

症状が軽い場合は、保護パッドなどを貼り、圧迫や摩擦を減らすことで自然に治ります。しかし、皮膚が固く痛みがある場合などはレーザーや電気メスなどで除去する必要があります。自分で削ると、炎症を起こすこともありますので、また、姿勢矯正、側湾症、外傷後、身体構造不均衡、歩行時に過負荷になり、頻発になられば、根源の治療を呈示する、自分で処置をする前にまずは、振り返る客感視線  。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME