メニュー

ご挨拶・クリニックの所信 ・医師略歴紹介

   🎋  診療に国際・多元言語可能です🎋☘ 静かなる 田園地区に位置する 当院では、西洋医学と東洋医学の分野で、より良い系統的診療に加え、洗練された治療法を追求し続けています。医学に東西と言う通称ありますが  当然ながら 臨床医にとっては 常に受ける側の視点をおき、幅広い診察 診断 治療 リハビリの学問には境界が無いと思っています、もし あるとすれば 拘りあれば 理論 定義 定説に黙従になり、藁をつかむ必死な思いを逆さに、日進月歩の先進医療理念に反し、束縛に落ち恐れになります。   世界には 先進後進に関係なく すでに脈々と続いている伝統的な治療方法実績にも、 心を開いて 納得して 参考に 、確かに古典医学文献の勉強理解に時間かかるですが、広い範囲で 治癒に導いて 応用する。  西洋・東洋・他の医療は、それぞれの共通する精神は 人類に健康と幸福に寄与するであれば、吟味して精査琢磨、自分なりに消化、進化して慎重に取り入れます、そのために 本院は格段に裾野広い診断・治療・リハビリに恵まれます、小さいクリニックだからできる、病気患部直に接し、外来で毎日呈示された内外科系'病名'に対応ではなく、病気病態病原根幹を形成する"細胞"を視座に、見えている病態【現在経過中の病気】と見えない病態【 根治に繋がる、気にしていない病気に資する過去 及び 未来へ展開予防に予見の病気 】それぞれの中に 解決に糸口を大切に、諦めずに、大事のは 目の前にいる患者方々をいかに寄り添い、目標ははっきりしています、何方にも早期治癒になられるように。

      ☘️  クリニックでの治療に限らず、これから自然気候変動・行きすぎた文明社会における人間の立ち位置、特に大切と思って実践して欲しい日常生活での改善点 ・健康維持状態( 生活習慣や日常動作、生活環境、作業・仕事・勉学時の自然姿勢 ・優良睡眠の質、病気に対峙する 気持ちや 立ち位置  )予防医学、医療   人体応用SGD sを 患者が取り入れやすい形で   なによりも大事に 治療より以上に  未病の状態から遠ざける様に 指導重視しております。

            ☘ 自宅での療養の方法は多岐にわたり、身体分野の悩み・心臓血管血圧循環障害・飲食排泄に関わる上下消化器管・肝臓・膵臓・胆嚢、小児諸病気・予防接種・日常における気持ちの浮き沈み・不安などを含む精神的分野の悩み、難治性分野の痛み・難聴・耳鳴・めまい・多系統頭痛・難治性肩凝り・腰痛・膝関節痛 浮腫を 内科・小児・耳鼻咽喉科・皮膚・整形外科、関節リウマチ、鎮痛・速攻消痛ペインクリニック・寄り添いフロンティア・リハビリなどより複合的に診察し3人の医師と薬剤師、看護師、事務職員で 力合わせて 総合的に病状、病気の早期回復に努め診療治療いたします。    地域密着に 日常に裾野の広い病気・未病を大病院 医院 薬局 接骨院 マッサージ 間の連携 と得意分野の展開は 常に患者さんの悩み・痒み・痛みを起こした症状の解析解決に視座、小回りのクリニックならこそできる 、過度に疲れた、傷んだ細胞レベルの目線で一緒に行動して 早期治療・早期治癒を目指す。

院長 陶 緒平

所属学会・資格

  • 日本東洋医学会 漢方専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定スポーツ医
  • 茨城県もの忘れ・認知症相談医
  • 茨城県緩和ケア医
  • 医学博士学位
  • 卒後 研修医教育支援 指導医

 


 

副院長 陶 経緯

所属学会・資格

  • 日本内科学会認定内科医、総合内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本肝臓学会肝臓専門医
  • 日本消化管学会胃腸科専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定スポーツ医
  • 卒後 研修医教育支援 指導医

 


 

副院長 陶 莉沙

所属学会・資格

  • 麻酔科標榜医
  • 日本麻酔科学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定スポーツ医
  • 茨城県緩和ケア医
  • 茨城県もの忘れ・認知症相談医

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME