メニュー

市内 の赤ちゃん乳幼児健診 予防接種事業  乳幼児・お子様の病気に 予防治療方法

一般的なお子様の病気・病状について

当院では、発熱、風邪(かぜ)、喘鳴 頭痛、結膜炎、鼻水・鼻づまり、のどの痛み、咳(せき)、下痢・嘔吐、腹痛、中耳炎、ひきつけ(けいれん)伝染性軟属腫(水いぼ)アトピー性皮膚炎 乾燥肌 急性・慢性 びまん性発赤疹 陰部掻痒びらん 出べそ臍ヘルニア融合不全 離乳困難  夜泣き 食細い痩せ偏食 小児肥満 側彎症  大小泉門閉鎖遅延 つかみ立ち歩行遅延 ん停留睾丸 目ヤニ スマホ テレビ近位視聴  呼び掛け無関心 小児固有耳鼻咽喉疾患などの症状や、以下の多岐にわたる小児科一般の病気を診断・治療しています、乳幼児健診事業。

呼吸器疾患

気管支炎、喘鳴 喘息(ぜんそく)、肺炎、急性喉頭炎(クループ症候群)、細気管支炎、など

耳鼻咽喉疾患

難治性耳垢栓塞、難聴、耳鳴り、鼻水、鼻づまり、開口呼吸、無呼吸症候群、起床時ノド痛い、口唇乾燥、頭痛頭重ボートする関連諸病気の前駆前兆 。

伝染性疾患

水痘、麻疹、風疹、おたふくかぜ 膿痂疹、水イボ、伝染性軟属腫、シラミ、herpesヘルペス、など

消化器疾患

腹痛、貧弱偏食、胃腸炎、頻発口内炎、下痢便秘など

慢性疾患

側湾症、鉄欠乏性貧血、便秘、肥満、夜尿(おねしょ)朝起きれない 集中心散漫 登校困難、など

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME