メニュー

お子様のアレルギーに 気管支喘息 鼻炎 ついて

    沢山の病名と症状は 総じて 粘膜皮膚の急性反応、可及的に早急に対処遅れば、反応過剰に悪循環に さらに免疫応答システム過熱崩壊に回復と治癒に長引く、炎症反応に初発、急性期、亜急期、慢性期、慢性経過期に急性増悪、ステージでそれぞれ応需加療。何よりも 前座未病期の予防に、経過中の保養養生に注視余念ありません。

   当院は、お子様の気管支喘息、総論食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)、化膿性湿疹、膿痂疹、尿道肛門荒れ、オムツかぶれ 花粉症、アレルギー性鼻炎等を診ています。生まれつきの体質、体調、生活環境、性格、排便習慣、摂食習慣、睡眠リズム、活動環境、社会適応 。取り入れ因子、排除分析因子、子供目線で 子供自身もできるフィードバック。子供はそのままで大人の縮図ではありません、が 、間違いなく、精神も身体も困る大人にならないように手あてに。

アレルギーの症状について

総論の小児アレルギーは、下痢、嘔吐、腹痛、せき、呼吸困難、過敏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、発熱、頭痛、むくみ、など様々な症状で表れます。
よく見られるアレルギーには、食べ物がアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となるもの)となる食物アレルギー、ハウスダストなどの吸入性アレルゲンによって発症する気管支喘息などがあります。一方で、成長とともに症状が改善・軽減していくことも多いのが小児アレルギーの特徴です。

小児食物アレルギーで特に赤ちゃん・乳幼児が、アレルギーを起こしやすいのは、卵、牛乳、大豆です。その他にも、カニ、えび、米、そば、ピーナッツ、キーウィ、メロン、マンゴー、ニンニク、セロリなどアレルギーを起こしやすい食べ物はたくさんあります。

また、こどもは気管支や腸管の粘膜などが未熟なため、アレルギー反応を起こしやすい傾向にあります。アレルギーの原因が食べ物以外の環境にあることも考えられます。

アレルギーの原因を特定し、完全に日常生活から除去するのは難しいことです。お子様が何かを口にした際にアレルギー症状が出たため、疑わし食べ物を片っ端から除去するという厳しい食事療法を行う方もいらっしゃいますが、行き過ぎた食事療法は好ましくありません。アレルギーの原因を明確にし、適切な治療を行うことが大切です。

当院では、血液検査や皮膚テスト、検討をつけた食べ物を除いた食事を1~2週間続けて様子を見る除去試験などをして、アレルギーの原因を突き止めます。

様子がおかしいなど、気になることがございましたら、ご相談ください。まず、受診していただき、必要があれば検査をおこなったり、迅速に専門医のいる適切な病院にご紹介いたします。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME